16日(日)の天気 九州~北海道で雨 非常に激しい雨も 「梅雨入り」エリア拡大か

2021/05/16 06:21

メイン画像
メイン画像
きょう16日(日)も梅雨前線の活動が活発に。九州から北海道は広く雨が降り、非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。大雨の恐れがあります。

16日(日) 梅雨前線の活動が活発化

画像A
画像A
きょう16日(日)は梅雨前線が本州付近に延び、前線上の低気圧が東北東へ進む予想です。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化した状態が続くでしょう。
九州や中国、四国、近畿は断続的に雨が降り、午後は雷を伴って滝のような非常に激しい雨やバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所がありそうです。このような雨が降ると道路が川のようになってしまうことも。道路の冠水に注意が必要です。東海や北陸も雨が降ったりやんだりするでしょう。関東や東北、北海道は昼頃から次第に雨が降りそうです。
11日(火)には九州南部で、15日(土)には九州北部(山口県を含む)、中国、四国が梅雨入りしたとみられると発表がありましたが、この雨のタイミングで近畿から東北でも梅雨入りとなる可能性があります。
画像B
画像B

17日(月) さらに雨量が増える恐れ

あす17日(月)も梅雨前線は本州付近に延び、前線の活動が活発な状態が続きそうです。
九州から東海、北陸は断続的に雨が降るでしょう。発達した雨雲や雷雲がかかり、滝のような非常に激しい雨やバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所がありそうです。さらに雨量が増える恐れがあり、土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に注意、警戒が必要です。関東や東北、北海道は午前中を中心に雨が降るでしょう。
17日(月)午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、
九州北部地方:180ミリ
九州南部:150ミリ
東北地方:120ミリ
北陸地方、中国地方:100ミリ
その後18日(火)午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、
九州北部地方、九州南部:100から150ミリ
北陸地方:50から100ミリの予想です。
まだ5月半ばですが、早くも梅雨前線の影響で大雨の恐れがあり、雨への警戒が必要になりそうです。

日頃からできる備え

画像D
画像D
梅雨時期から台風シーズンにかけては特に大雨に警戒が必要な時期になります。
日頃からハザードマップを確認し、避難経路や危険個所を確認しておくようにしましょう。また、非常用も持ち出し袋などの防災用品の準備、確認をしておくと良いでしょう。

あわせて読みたい

  • 活発な梅雨前線 九州から関東、北陸 激しい雨や雷雨

    活発な梅雨前線 九州から関東、北陸 激しい雨や雷雨

    tenki.jp

    6/13

    4日(金)にかけて「警報級の大雨」の恐れ 通勤時間帯も非常に激しい雨に警戒

    4日(金)にかけて「警報級の大雨」の恐れ 通勤時間帯も非常に激しい雨に警戒

    tenki.jp

    6/3

  • 梅雨前線北上 20日は九州や四国で滝のような雨 21日にかけて活発な雨雲広がる

    梅雨前線北上 20日は九州や四国で滝のような雨 21日にかけて活発な雨雲広がる

    tenki.jp

    5/19

    日曜日にかけて「滝のような雨」 梅雨前線活発 大雨に警戒

    日曜日にかけて「滝のような雨」 梅雨前線活発 大雨に警戒

    tenki.jp

    6/12

  • 九州南部 9日夕方から激しい雨 九州北部も梅雨入りへ

    九州南部 9日夕方から激しい雨 九州北部も梅雨入りへ

    tenki.jp

    6/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す