梅雨前線 活発化 九州はあすも局地的に非常に激しい雨 強雨エリアは次第に広がる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨前線 活発化 九州はあすも局地的に非常に激しい雨 強雨エリアは次第に広がる

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょうは、梅雨前線の雨雲が九州や中国、四国に。九州では滝のような非常に激しい雨の降った所も。あす16日から17日頃にかけて、活発な雨雲がさらに広がる見込み。

あす16日 全国的に雨 夜は九州・四国で激しく降る

あす16日(日)は、前線がいったん日本海まで北上。この前線に向かうように高温多湿な空気が続々と流れ込み、雨の範囲が九州から北海道まで広がります。

九州と四国は、朝から日中はそれほど強い雨は降らない見込み。ただ、夜は雨脚が強まります。あちらこちらで激しく降るでしょう。特に九州北部では非常に激しい雨(滝のような降り方で、道路があっという間に冠水するほど)の降る所がありそうです。

中国地方と近畿、東海は、断続的に雨で朝晩を中心に強く降ることも。局地的にはカミナリを伴うでしょう。

関東は所々で弱い雨が降りそうです。

北陸や東北は、早い所は朝から雨雲がかかり、昼頃からは広く雨。夜は日本海側で降り方が強まってきます。

北海道は昼前から広く雨で日本海側ほど本降りになるでしょう。

17日も雨が続く 日本海側を中心に大雨のおそれ

17日(月)には、日本海まで北上した前線が、次第に南へ下がってきます。北海道の雨はやんできますが、東北から九州にかけては雨が続きそうです。

現時点の予想では、九州や四国に加えて、中国地方や近畿の日本海側を中心とした地域や、北陸から東北日本海側にかけて、午前を中心に発達した雨雲がかかり、雨の量が多くなるでしょう。地盤が緩んだり、川の水かさが急に増すなど、災害の危険性が高まってくる所もありそうです。

18日(火)も雨が降ったりやんだりで、九州から近畿を中心に強く降る所もある見込みです。

なお、tenki.jpの2週間天気によりますと、5月下旬にかけて天気が短い周期で変わるでしょう。前線が北上したり南下したりで、たびたび活動が活発になることが予想されます。情報をこまめにチェックしつつ、いざという時にスムーズに行動できるよう、避難場所や避難時の持ち出し品などを改めて確認しておくと安心です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい