日本海側中心に大雨のおそれ あす15日~17日 前線の活動が次第に活発に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側中心に大雨のおそれ あす15日~17日 前線の活動が次第に活発に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす15日(土)から17日(月)、前線が本州付近に延びてきて、活動が活発に。雨の範囲が次第に広がり、日本海側の地域を中心に雨脚が強まりそう。

前線が日本海に 暖かく湿った空気が続々と

あす15日(土)から17日(月)、前線の活動が次第に活発に。

日本の南で、夏の高気圧の勢力が強まるため、前線が日本海まで北上。梅雨末期のような気圧配置になります。この前線に向かって、暖かく湿った空気が続々と流れ込むでしょう。

15日は、九州や中国、四国は広く雨で、道路が冠水するほど激しく降る所があるでしょう。大気の状態が不安定で、落雷や突風にも注意が必要です。

16日から17日は、全国的に雨となりそうです。現時点の予想では、東北日本海側や北陸をはじめ、日本海側の地域を中心に発達した雨雲がかかるでしょう。わずか2日間で、この時期のひと月分に匹敵するほどの大雨の降る所もありそうです。低い土地が浸水したり、川が急に増水したりするおそれもあります。

各地の予想雨量や、雨のピーク等、詳細については最新の気象情報をご確認ください。なお、向こう一週間、前線が本州付近を南下したり北上したりを繰り返し、活動がたびたび活発に。広い範囲で雨脚が強まることもあるでしょう。大雨による災害の危険が迫る前に、避難場所や避難経路、持ち出し品など、改めて確認しておくと安心です。

雨でも気温は高い

17日にかけて、全国的に気温が高く、九州から東北南部にかけて所々で25度以上の夏日の予想。蒸し暑さが増してくるでしょう。

湿気が多いと体の熱が逃げにくくなり、熱中症のリスクが高まります。ノドの渇きを感じる前に、こまめに水分を摂るなど、体調管理を心掛けてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい