九州 週末~17日 局地的に激しい雨のおそれ 一気に蒸し暑くなる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 週末~17日 局地的に激しい雨のおそれ 一気に蒸し暑くなる

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


九州は、週末から17日(月)にかけて梅雨前線や湿った空気の影響で、局地的に激しい雨が降るおそれがあり、大雨になる所があるでしょう。雨の降り方にご注意下さい。また、湿度が高くなり、かなり蒸し暑くなる見込みです。

14日 内陸部は真夏日も

きょう14日、梅雨前線は九州の南海上に延び、種子島・屋久島地方や奄美付近に発達した雨雲が広がっています。

前線が西から北上するため、九州南部は午後は次第に雨が降りやすくなるでしょう。

九州北部は日中晴れ間がでて、内陸部では最高気温が30度前後まで上がり真夏日になる所がある見込みです。蒸し暑さもでてきますので、特に運動や作業などする際はこまめに水分を補給するなどして熱中症にご注意下さい。

週末、梅雨前線は九州北上

あす15日(土)は梅雨前線の北上に伴い、湿った空気が流れ込む見込みです。九州は各地でまとまった雨が降り、雷を伴い1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る所があるでしょう。

あさって16日(日)は、梅雨前線が朝鮮半島付近に延び、前線上を低気圧が通過する見込みです。九州は暖湿空気の流れ込みが強まるため、大気の状態が不安定で、局地的に雨雲が発達する所があるでしょう。急な強い雨や落雷、突風に注意が必要です。

また週末は、高温多湿な空気が流れ込むため、さらに蒸し暑くなるでしょう。特に16日(日)はフェーン現象も加わり、気温が上がりやすくなります。熱中症など体調管理に十分にお気をつけ下さい。

来週もぐずついた天気 大雨に注意

17日(月)は前線が九州付近へ南下するため、再び本格的な雨となり、雷を伴い一時激しく降る所があります。

18日(火)はいったん晴れ間がでる所がありますが、19日(水)から21日(金)は前線の活動が九州付近で活発になり、雨量が多くなるおそれもあります。

来週にかけて梅雨最盛期のような天気が続きますので、雨の降り方に気をつけ、こまめに最新の気象情報をご確認下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい