5月中に続々と梅雨入りか 今週末から大雨と蒸し暑さに注意 1か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5月中に続々と梅雨入りか 今週末から大雨と蒸し暑さに注意 1か月予報

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今年の梅雨入りは、各地で記録的に早くなりそうです。最新の1か月予報では、九州~関東は梅雨前線の影響で降水量が多く、気温は高めでかなり蒸し暑くなりそうです。16日以降、西日本・東日本では大雨の恐れもあるため注意が必要です。

記録的に早い梅雨入りか

本日13日(木)気象庁発表の最新の1か月予報によりますと、この先は夏の太平洋高気圧が強まり、その北側にある梅雨前線がグッと押し上げられる見込みです。本州付近に前線が停滞しやすく、九州~関東では降水量が多くなる予想です。平年の梅雨入りは、九州北部は6月4日頃、四国は6月5日頃、中国・近畿・東海は6月6日頃、関東甲信は6月7日頃ですが、5月中に続々と梅雨入りとなり、記録的に早い梅雨入りとなるかもしれません。目先、16日(日)~18日(火)は、西日本・東日本は雨で局地的に大雨の恐れがあります。ここが、梅雨入りのひとつのタイミングとなりそうです。

1週目(5月15日~21日) 梅雨前線停滞 大雨の恐れ

15日(土)は西から前線が延びてくるため、西日本は天気下り坂。16日(日)は前線が北陸付近まで北上し、18日(火)にかけて本州を南下する見込みです。このため、全国的に曇りや雨で、日本海側を中心に大雨の恐れがあります。また、20日(木)~21日(金)も梅雨前線の活動が活発となり、西日本を中心に大雨になる可能性があるため、最新の予報をこまめにチェックして下さい。気温は全国的に高いでしょう。特に、梅雨前線の南側に入る17日(月)は、かなり蒸し暑くなり、関東から西では雨でも25℃以上の夏日の所が多く、30℃以上の真夏日の所もありそうです。

2週目(5月22日~28日) 沖縄・奄美は梅雨の長休み

西日本・東日本は、低気圧や梅雨前線の影響で、平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。北日本も晴天は続かず、天気は数日の周期で変わりそうです。沖縄・奄美は、梅雨前線の影響を受けにくく、晴れる日が多いでしょう。梅雨の中休みと言うより、長休みとなりそうです。気温は全国的に平年より高くなりそうです。

3~4週目(5月29日~6月11日) 沖縄・奄美ようやく梅雨空に

西日本は梅雨前線の影響で、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。東日本や北日本は、天気は数日の周期で変わる見込みです。前線が南下するため、沖縄・奄美では、ようやく雨の日が多くなりそうです。梅雨の時期に雨が少ないと水不足の懸念も出てきます。いずれにしても、水は大切に使いたいですね。

【北日本】北海道・東北地方

【東日本】関東甲信・北陸・東海地方

【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部

【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい