週間天気 あすは広く晴れ その先 前線が本州付近に 大雨も 梅雨入り早まる可能性 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 あすは広く晴れ その先 前線が本州付近に 大雨も 梅雨入り早まる可能性

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


あす14日(金)は広い範囲で晴れる見込み。その先は、前線や低気圧の影響で雨の降る日が多くなり、日本海側を中心に雨脚の強まることも。

天気の傾向 日本海側を中心に大雨のおそれ

あす14日(金)は、前線がきょうよりも少し南へ。この前線に近い奄美は、雨や雷雨でしょう。また、日本の北から近づく気圧の谷の影響で、北海道は変わりやすい天気で、晴れていてもザッと雨の降り出す所がありそうです。

一方で、東北から九州北部にかけては広く晴れるでしょう。たっぷりの日差しを有効に使うと良さそうです。九州南部も、日の差す時間はあるでしょう。梅雨の中休みとなっている沖縄は、引き続き晴れる見込みです。

15日(土)は、九州は一日雨で、午後は中国や四国、近畿、東海も曇りや雨となるでしょう。

16日(日)から17日(月)は前線が本州付近に延び、南から暖かく湿った空気が流れ込みます。ほぼ全国で雨が降り、北陸をはじめ、本州の日本海側の地域を中心に大雨となる所もありそうです。前線の位置や活動の度合いにより、雨の強まるエリアや、雨の量が左右されますので、今後発表される気象情報を十分にご確認ください。

18日(火)は雨の降り方が次第に弱まり、19日(水)は晴れ間も。20日(木)は曇りや雨の所が多くなるでしょう。

なお、5月下旬も、前線や低気圧が本州付近を頻繁に通過することが予想され、22日(土)頃は再び雨脚の強まる所もありそうです。今年は、沖縄・奄美、九州南部にかけて、平年より早く梅雨入りしました。そのほかの地域も、本格的な雨の季節が早く到来する可能性があります。

気温の傾向 蒸し暑い日が多くなる

気温は、全国的に平年並みか高くなるでしょう。

暑さのピークは、広く晴れる14日。さらに、15日から17日頃にかけても雨の割りに気温は高く、北陸や関東から西では25度以上の夏日の所が多くなる予想です。湿度が高く、かいた汗がなかなか乾かないので、体の熱が逃げにくい状況に。真夏のような極端な暑さではなくても、体調を崩してしまう危険性があります。また、気温や湿度が高くなってくると、細菌性の食中毒が発生しやすくなります。体調の管理に加えて、食品の管理にも、気を配ると良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい