九州南部は梅雨入り早々、大雨の恐れ 本州付近も梅雨のようにぐずついた天気に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州南部は梅雨入り早々、大雨の恐れ 本州付近も梅雨のようにぐずついた天気に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


過去2番目の早さで梅雨入りした九州南部は梅雨入り早々、大雨の恐れがあります。12日(水)は局地的に滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。雨の範囲は次第に東へ広がりそうです。

梅雨入り早々、大雨の恐れ

きょう11日、気象庁は「九州南部が梅雨入りしたとみられる」と発表。過去2番目に早い梅雨入りとなりました。

梅雨前線が北上し、九州南部ではすでに雨雲がかかっています。12日(水)から13日(木)にかけては前線が九州付近に停滞し、前線上を低気圧が東へ進むでしょう。九州では南部を中心に活発な雨雲がかかり、局地的に滝のような非常に激しい雨が降りそうです。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に注意、警戒が必要です。

四国は12日(水)の朝から、中国地方や近畿は午後は次第に雨が降りだし、13日(木)の午前中にかけて雨が降るでしょう。雨脚の強まる所もありそうです。関東でも13日(木)は雨が降るでしょう。

ぐずついた天気に

その後、太平洋高気圧の北への張り出しが強まり、前線は本州付近に延びるでしょう。15日(土)以降、広く曇りや雨の日が多くなりそうです。17日(月)から18日(火)はまた前線の活動が活発になり、九州から近畿を中心に大雨となる恐れがあります。最新の気象情報にご注意ください。

前線の南側に入る九州から関東では今週末以降、蒸し暑くなりそうです。最高気温は28℃前後まで上がる日があり、湿度も高くなるでしょう。

一方、沖縄では前線の影響を受けにくく、梅雨の中休みとなりそうです。厳しい暑さとなりますので、熱中症にご注意ください。

今年は季節の進みが早いようです。まだ5月ですが、清々しい初夏の陽気はなく、九州南部の早い梅雨入りに加え、本州付近でも梅雨時のようなぐずついた天気の日が多くなるでしょう。湿気も増えて蒸し暑くなりますので、暑さ対策をなさってください。食品の管理にも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい