中国地方 今週の中ごろから梅雨のはしりに 湿気が増えて蒸し暑くなりそう 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 今週の中ごろから梅雨のはしりに 湿気が増えて蒸し暑くなりそう

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


中国地方は、あす(11日)までは晴れる時間もありますが、その後は次第に曇りや雨の降る日が多くなり、梅雨のはしりになる見込みです。

これまでよりも暖かく湿った空気が流れ込むため、蒸し暑い日が多くなるでしょう。

日差しは少なくても、からだに熱がこもりやすくなるため、熱中症にはご注意ください。

きょう(10日)・あす(11日)は変わりやすい天気

きょうの午前中は、中国地方は広く晴れていますが、日本海には気圧の谷が進んできています。

この気圧の谷はゆっくりと南下する見込みで、夕方には全般に雲が多くなる見込みです。

山陰では、弱い雨の降る所もあるでしょう。

あすも気圧の谷の影響で、午前中は雲の広がりやすい天気が続きますが、

午後には次第に高気圧に覆われ、山陰からいったん天気は回復に向かう見込みです。

12日(水)から13日(木)は本格的な雨に

12日は東シナ海から西日本の南の海上に停滞する前線に向かって、雨雲のもとになる暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が次第に活発になる見込みです。その後、13日にかけて前線は西日本付近まで北上する見通しです。

12日の午後には山陽の西部から次第に雨が降り出し、13日は各地で本格的な雨になるでしょう。前線の活動が活発になるため、山陽の西部を中心に雨の量が多くなるおそれもあります。

来週のはじめにかけて梅雨のような気圧配置に

14日以降も、前線は西日本付近から山陰沖の日本海に停滞し、梅雨を思わせるような気圧配置が続く見込みです。全般に雲の広がる時間が長く、雨が降りやすいでしょう。

前線が日本海に停滞すると、中国地方には東シナ海から非常に湿った空気が流れ込むため、蒸し暑さが加わる見込みです。

夜も気温が下がりにくくなり、寝苦しく覚える日もあるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい