29日 雨のゴールデンウィーク入り 激しい雨や非常に激しい雨 大雨も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

29日 雨のゴールデンウィーク入り 激しい雨や非常に激しい雨 大雨も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう29日、ゴールデンウィーク初日は、前線と低気圧の影響で、沖縄と九州から北海道の広範囲で雨。雨脚が強まり大雨になる所がある。日中の最高気温は、この時期としては低めの所があり、若葉寒になる所も。【気圧配置】

きょう29日(木:昭和の日)は、本州の太平洋沿岸を前線と低気圧が、東よりに進む見込みです。低気圧は、あす30日(金)にかけて、三陸沖から北海道付近に進みながら発達するでしょう。前線と低気圧の周辺には、南から湿った空気が大量に流れ込むため、太平洋沿岸の南側に開けた斜面などを中心に、活発な雨雲が次々に流れ込むため、大雨になる所があると予想されます。

また、低気圧周辺では風が強まる見込みで、海上、山岳では荒れた天気です。海や山のレジャーは避けたほうが良いでしょう。すでに山に入られている方は、気象状況を的確に判断して、引き返すことも視野に入れてください。

きょうの各地の天気 全国で雨 活発な雨雲はどこ?

沖縄では、日中から夜にかけて雨が降るでしょう。

九州は、午前中を中心に雨が降り、夕方にかけては、カミナリを伴うことや激しい雨の降る所がありそうです。午後は回復する所が多く、晴れるようになる所が多い予想です。

四国、中国地方や近畿から東北にかけては、雨で雨脚の強まる所があるでしょう。激しい雨や非常に激しい雨が降る所もある見込みで、特に雨量が多くなる所は、南側や東側に開けた山の斜面などです。

あす朝6時までの24時間に予想される雨の量は、多い所で、東海地方で250mm、関東甲信地方で150mm、東北地方では100mmです。

土砂災害やアンダーパスなど低い土地での浸水、川の増水に警戒・注意が必要です。

近畿から九州ではあすにかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに、ご注意ください。

東北では、太平洋側の海上で南よりの暴風が吹いて、しける見込みです。きょうからあすにかけて、海上で予想される最大風速(最大瞬間風速)は、18m/s(30m/s)で、波の高さは4mです。

北海道は、日中は晴れる所がありますが、天気は下り坂です。次第に雲が広がって、午後9時ごろからは、道南を中心に道央、道北、道東でも雨になるでしょう。

きょうの最高気温 若葉寒になる所も

沖縄では25℃前後で、南大東島、宮古島、石垣島など所々で夏日になるでしょう。

九州から関東甲信では、20℃を下回る所が多い予想です。20℃を下回る所では、緑鮮やかになった若葉に、冷たい雨が降りそうです。

北陸や東北と北海道は、15℃から18℃くらいの所が多いでしょう。そろい始めている新緑に雨が降りますが、雨に濡れた緑を窓越しに楽しむのも一興です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい