台風2号 沖縄・大東島地方と小笠原諸島は高波のおそれ 九州なども「うねり」に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風2号 沖縄・大東島地方と小笠原諸島は高波のおそれ 九州なども「うねり」に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


25日日曜は、大東島地方では、高波に警戒が必要です。台風の影響で、小笠原諸島でも警報級の高波になる可能性があり、風も強まるでしょう。台風から離れた九州などにも、うねりが届きますので、海には近づかないでください。

沖縄・大東島地方 高波に警戒

台風2号は、25日6時現在、日本の南を、1時間におよそ30キロの速さで、東南東へ進んでいます。台風は、この後も東へ進み、温帯低気圧に変わる予想ですが、油断はできません。

この台風の影響で、沖縄・大東島地方の沿岸の海域では、すでに、うねりを伴い、大しけになっています。大東島地方では、波の高い状態が、まだ続くでしょう。大東島地方で予想される波の高さは、25日は6メートル、26日は4メートルです。25日昼前までは、うねりを伴う高波に警戒を続けてください。

また、大東島地方では、25日昼前まで、北東の風が強く吹くでしょう。25日に予想される最大瞬間風速は、25メートルです。強い風にも注意が必要です。

そして、沖縄本島地方と先島諸島でも、波が高くなっています。こちらで予想される波の高さは、25日は5メートル、26日は4メートルですので、26日にかけて、うねりを伴う高波に、十分お気を付けください。

小笠原諸島 警報級の高波になる可能性も

台風2号の影響は、沖縄だけではありません。台風2号は、26日には温帯低気圧に変わって、小笠原近海に達する見込みです。

このため、小笠原諸島は、26日にかけて、うねりを伴い、波の高い状態が続くでしょう。26日にかけて予想される波の高さは、5メートルです。なお、台風の進路によっては、25日夜のはじめ頃から26日夕方にかけて、警報級の高波になる可能性があります。

また、小笠原諸島では、風も次第に強くなるでしょう。26日にかけて予想される最大瞬間風速は30メートルです。これは、風に向かって歩けなくなるほどで、転倒する人もでるほどの風です。

さらに、台風が小笠原諸島に接近するタイミングが、潮位の高い大潮の時期と重なるでしょう。

高波に注意・警戒するとともに、強風や高潮にも、お気を付けください。

九州などにも 台風から うねりが届く

そして、この台風によって、九州などの沿岸にも、うねりが届くでしょう。25日7時現在、九州から関東に、波浪注意報の発表されている所があります。

台風から離れていても、海には近づかないでください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい