台風2号 4月の長寿台風へ 沖縄は影響長引く 6メートル超えの高波に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風2号 4月の長寿台風へ 沖縄は影響長引く 6メートル超えの高波に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


台風2号は、きょう(24日)で発生から10日経過。4月としては17年ぶりの長寿台風に。依然として、動きが遅いため、沖縄はあすにかけて高波や強風に警戒が必要です。

沖縄は暴風・高波に警戒

台風2号(スリゲ)は、24日(土)午前9時現在、大東島の南を東へ進んでいます。風速25メートル以上の暴風域はなくなりましたが、大東島地方は、風速15メートル以上の強風域に入っています。けさは北大東島で最大瞬間風速.30.9メートルと、何かにつかまっていないと立っていられないくらいの非常に強い風を観測しました。

このあと、あす25日(日)にかけて、台風は自転車並みの速度で東へ進み、あさって26日(月)には小笠原近海で温帯低気圧に変わる見込みです。台風の動きが遅いため、沖縄は大東島地方を中心に、あす25日(日)にかけてうねりを伴い6メートル超えの高波に警戒が必要です。また、大東島地方では、きょう24日(土)昼頃までは暴風に警戒が必要です。

小笠原諸島はあす25日(日)から高波や強風に、九州から関東の太平洋側でもうねりが入り波が高くなるため注意が必要です。

4月として長寿台風に

台風2号は4月14日(水)午前3時にカロリン諸島(フィリピンの東海上)で発生。きょう24日(土)で発生から10日経過し、4月に発生した台風としては17年ぶりに台風寿命が10日超えの長寿台風となりました。1951年の統計開始以来、4月に発生した台風は48個。そのうち台風発生から消滅までの寿命が10日間を超えたのは、今回の台風2号をいれて8個あり、一番の長寿台風は2003年台風2号で14日3時間。次いで1951年台風4号の11日18時間、1976年台風3号と2004年の台風1号はともに11日12時間となっています。

24日午前9時現在、台風2号(スリゲ)は、26日(月)午前3時に温帯低気圧になる予想のため、4月としては長寿台風3位までに入る可能性があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい