九州 22日早くも夏の暑さ フェーン現象で真夏日も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 22日早くも夏の暑さ フェーン現象で真夏日も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう22日日中、九州は夏のような暑さになり、内陸部ではきのうに続き最高気温が30度以上の真夏日になる所がある見込みです。急に暑くなると、熱中症になりやすいですので運動や作業などする際は十分にご注意下さい。

きょうも真夏日出現か

九州は、きょう22日午前9時過ぎの時点で、広い範囲で20度を超えて気温の上がり方が早くなっています。

日中は大体晴れて、予想最高気温は熊本県菊池市30度の真夏日、熊本市29度、佐賀市28度など、九州北部は6月並みの暑さの所が多く、内陸部では所々で真夏日が現れるでしょう。

熊本県菊池市で30度を超えれば、きのうに続き2日連続の真夏日になります。

暑さの原因 フェーン現象も

九州は、きのう21日からかなり暖かい空気が流れ込み、早くも夏のような暑さが訪れています。

きょう22日も暖かい空気の流れ込みと強い日差しで気温が高くなります。さらに、東よりの風が九州山地を越えてフェーン現象が起こり、九州の東シナ海側で特に気温が上がりやすくなる見込みです。

熱中症に注意を

急に夏のような暑さが訪れると、体が暑さに慣れておらず熱中症になりやすくなります。運動や作業などする際はこまめに休憩をとり、水分補給を行いましょう。また、屋外では帽子や日傘などで強い日差しを遮るようにしましょう。

またマスクをしていると熱がこもりやすくなりますので、人との距離を十分取った上で適宜マスクを外して休憩しましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい