猛烈な台風2号 23日(金)に沖縄の南へ 日本への影響は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

猛烈な台風2号 23日(金)に沖縄の南へ 日本への影響は?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


猛烈な台風2号はフィリピンの東を北上しています。23日(金)にはやや勢力は落とすものの、強い勢力で沖縄の南へ進んでくるでしょう。

台風2号の進路は?

19日(月)午前9時、猛烈な台風2号はフィリピンの東を北西へゆっくりと進んでいます。台風の勢力は下の表のように最大風速で決まりますが、台風2号は一番強いランクの猛烈な勢力を維持しています。

台風2号は、このあともフィリピンの東をゆっくりと北上するでしょう。23日(金)にはやや勢力は落とすものの、強い勢力で沖縄の南へ進んでくる予想です。その後、東よりに進み、日本の南を進むでしょう。

列島への影響は?

沖縄地方の沿岸の海域では、うねりを伴い波が高くなっており、次第にしける見込みです。台風の進路によっては、22日(木)頃から24日(土)頃にかけては、大しけとなる恐れがあります。奄美でも波が高くなるでしょう。海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に十分な注意が必要です。むやみに海岸付近に近づかないようにしましょう。

台風のその後の進路はまだはっきりしないものの、小笠原諸島に影響を与える恐れがあります。今のところ本州への影響は小さい見込みですが、今後も台風の動向に注意が必要です。最新の台風情報をチェックしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい