14日 天気は回復 関東は局地的な雨や雷雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14日 天気は回復 関東は局地的な雨や雷雨

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょうは、北海道と四国は晴れ。本州各地と九州は朝晩晴れるが、日中は雲が多い。関東は局地的に雨や雷雨。沖縄は曇りや雨。最高気温は、日本海側を中心に、きのうを下回るが、関東甲信と東海、四国は、きのうを上回る。北風や西風の強まる所がある。【気圧配置】

きょう14日(水曜日)は、北を通る前線は、ゆっくりと日本の東に離れますが、関東付近は、関東の南を進む低気圧や前線の影響を受けるでしょう。

西から高気圧が張り出しますが、この時期としては冷たい空気が流れこむようになる見込みです。

等圧線の間隔が狭くなるため、北の風や西の風が強まる所がある見込みです。

きょうの天気 九州~中国地方、東海~東北 雲が広がりやすい

日中は雲の広がる所が多いでしょう。北または西の風が強まる所が多く、体感温度は低めになりそうです。関東は、夜にかけて所々で雨が残り、雷が鳴る所があるでしょう。

日中の気温は、東北、北陸、近畿から中国、九州、沖縄で、きのうと同じか下回りますが、関東甲信と東海は、きのうと同じか上回るでしょう。

北風や西風が、次第に強まる所があり、体感温度はあまり上がらないでしょう。

きょうの天気 北海道と四国 晴れの一日に

晴れる時間が長くなるでしょう。北または西の風が強めに吹く所がある見込みです。

日中の気温は、北海道は、10℃を下回る所が多い予想で、きのうより5℃あまり低い所が多いでしょう。平年の気温を下回る見込みです。四国は、20℃前後の所が多く、きのうと同じか高めで、平年並みになるでしょう。

きのう13日(火曜日)、青森市では1953(昭和28)年の統計開始以来最速で「サクラ」が開花しました。津軽海峡を渡って北海道入りするのが、もう間近です。

きょうの天気 沖縄 湿った空気で雲が多く 北東風やや強い

本州付近に張り出す高気圧から、湿った北東の風が吹いて、やや強まる所が多いでしょう。海上では高波に注意が必要です。

湿った風の影響で、きのうまでの晴天から一転して、雲が広がりやすい一日になるでしょう。八重山地方では、朝までと夜を中心に雨の降る時間がある見込みです。大東島地方では、昼頃から晴れ間が出るでしょう。

日中の最高気温は、きのうほどではありませんが、きょうも25℃前後まで上がる予想です。

北東の風が次第に強まるため、薄着では肌寒さを感じるでしょう。

今朝3時、カロリン諸島で台風2号が発生しました。tenki.jpでは、今後の動きを随時お届けしますので、このあとの台風情報に、ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい