13日~14日は荒れた天気・大雨の恐れ 18日~19日も雨の降り方に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

13日~14日は荒れた天気・大雨の恐れ 18日~19日も雨の降り方に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


13日(火)から14日(水)は、広く雨が降り、荒れた天気や大雨の恐れがあります。春らしく、天気は短い周期で変わり、18日(日)から19日(月)も、雨や雷雨の所があるでしょう。

12日(月)は晴れる所が多い

12日(月)は、本州付近は、日本のはるか東に中心を持つ高気圧に覆われて、晴れる所が多いでしょう。ただ、九州付近には、東から湿った空気が流れ込みます。九州では、宮崎県など太平洋側を中心に雨が降るでしょう。夜は、四国や山陽でも雨が降る所がある見込みです。

13日(火)~14日(水)は南風が強まり雨に 発達した雨雲がかかる所は?

13日(火)は、気圧の谷が、西から日本列島に近づき、14日(水)にかけて通過する見込みです。日本のはるか東の高気圧は、東へ離れていきますが、勢力は強いでしょう。このため、日本付近で等圧線が混みあいます。南から暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。

広く南風が強めに吹き、雨が降る見込みです。発達した雨雲がかかるのは、今のところの予想では、13日(火)に九州や四国付近、14日(水)の午前中に近畿南部や東海付近、昼前後に関東付近です。雷が鳴り、雨脚が強まるでしょう。大雨の恐れがあり、関東では荒れた天気になる恐れもあります。今後、最新の気象情報をご確認下さい。

15日(木)~16日(金)は広く晴れ 17日(土)は九州では雨が降る所も

15日(木)から16日(金)にかけて、日本付近は、移動性の高気圧に覆われるでしょう。晴れる所が多い見込みです。この晴れも続かず、天気は、春らしく短い周期で変わります。

17日(土)は、高気圧は東へ移動し、日本から離れていくでしょう。九州付近には、東から湿った空気が流れ込む見込みです。九州では、宮崎県を中心に雨が降るでしょう。

18日(日)~19日(月)は再び雨 局地的に雷雨か

18日(日)から19日(月)にかけて、気圧の谷が、日本付近に西からゆっくり近づく見込みです。南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になるでしょう。九州に雨雲がかかり、雨雲は、次第に東へ移る見込みです。長く降り続く雨ではありませんが、雨雲は発達しやすいでしょう。局地的に雷が鳴り、短い時間で雨量が多くなることが考えられます。雷雲の下では、突風が発生することもあります。13日(火)から14日(水)のように荒れた天気になることはなさそうですが、雨の降り方に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい