2021年の花粉シーズン出口はいつ? ヒノキ花粉の飛散もいよいよ終盤に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2021年の花粉シーズン出口はいつ? ヒノキ花粉の飛散もいよいよ終盤に

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


2021年の花粉シーズンも終盤に。九州や中国、四国はスギ花粉に加えて、ヒノキ花粉のピークも過ぎています。近畿、東海、関東はまだ「多く」飛ぶ日がありますが、ピーク終了まであと少しです。

花粉シーズン終盤に

2021年の花粉シーズンも終盤になってきました。

九州や中国、四国はスギ花粉に加えて、ヒノキ花粉のピークも過ぎて、晴れる日でも花粉の飛散は「少ない」または「やや多い」程度でしょう。

近畿、東海、関東はこの先1週間はまだ花粉が「多く」飛ぶ日が多いですが、14日(水)頃は雨で飛散が抑えられる見込みです。ヒノキ花粉のピークもあと少しで、4月下旬には各地でピークを越えるでしょう。

北陸や東北もスギ花粉のピークは越えています。ヒノキ花粉のはっきりとしたピークはないものの、4月中は飛散する予想です。東北ではまだ「多く」飛散する日があるでしょう。

もう少し対策を

つらい花粉シーズンもようやく終わりが近づいてきました。ただ、例年ですと、東京では5月上旬まで花粉の飛散が確認されています。ピークは越えたあとも、もうしばらくは少ないながらも花粉が飛散します。引き続き対策をしておくと安心です。マスクに加えて、メガネを着用したり、ツルツルした素材のアウターを選ぶと良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい