あす7日 月が土星と木星のほぼ中間に移動 南東の空で日の出前に見られるチャンス 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす7日 月が土星と木星のほぼ中間に移動 南東の空で日の出前に見られるチャンス

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす7日(水)の日の出前に、月が土星と木星のほぼ中間に、ちょうど三角形を描くように移動します。空に輝く月と土星、木星の様子を観測してみてはいかがですか?

あすの日の出前、南東の空を眺めよう

6日(火)から8日(木)、日の出前の時間帯、南東の低い空では、右上に0.8等の土星、左下にマイナス2.1等の木星の順で輝きます。その近くを、月が通り過ぎていきます。周囲には明るい恒星が少ないため、ひときわ目立って見られそうです。

あす7日(水)の午前4時20分頃、月が土星と木星のほぼ中間で、ちょうど三角形を描くような位置に移動します。そして、8日(木)には、月は木星を通り過ぎて、東南東の空に下がっていきます。

月の高度は日々低くなっていきますので、視界の開けた場所で観察するのがおすすめです。

あすの天気は?

あす7日(水)の天気ですが、日の出前の時間帯は、広い範囲で晴れる見込みです。

ただ、空気はヒンヤリしますので、空を眺める時は、風邪をひかないように、暖かくして楽しんでください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい