日本列島に黄砂飛来 見通し5キロ未満の所も あす31日も飛来か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本列島に黄砂飛来 見通し5キロ未満の所も あす31日も飛来か

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


30日も日本列島に黄砂が飛来しており、九州から近畿、北陸、東北を中心に見通しが悪くなっています。31日にかけて、黄砂が飛来する可能性があります。

30日も広い範囲で黄砂を観測 見通し5キロ未満も

29日は、鹿児島、福岡、高松、広島、大阪、新潟、仙台など、広い範囲で黄砂が観測されました。30日も、広い範囲で黄砂が観測されています。9時の視程は、九州から近畿、北陸、東北では、10キロメートル未満の所が多く、長崎県佐世保は3.5キロメートル、滋賀県彦根は3.7キロメートルなど、5キロメートル未満の所もあります(視程とは、水平方向で見通しの効く距離です)。

上の気象衛星の画像を見ると、日本列島の広い範囲に、黄砂とみられる赤茶色の帯が広く延びているのが分かります。

31日にかけて黄砂が飛来する予想 交通への影響にも注意

31日にかけて、九州から北海道の広い範囲で、黄砂が予想され、視程は10キロメートル未満となるでしょう。視程が5キロメートル未満になる所もある見込みです。

黄砂が飛来すると、自動車や洗濯物に黄砂などが付着し、汚れることがあります。洗濯物は室内に干したり、外出はマスクに加えて、メガネを着用したりするなど対策をするとよいでしょう。

視程が5キロメートル未満となった場合、交通に影響が出るおそれがありますので、注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい