3月の満月は「ワームムーン」 今夜もほぼ満月 広く観測のチャンス 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3月の満月は「ワームムーン」 今夜もほぼ満月 広く観測のチャンス

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう午前3時48分に満月となりました。3月の満月は「ワームムーン」とも呼ばれます。昨夜は雨が降り、観測できなかった地域も、今夜は観測のチャンスがありそうです。

3月の満月「ワームムーン」

国立天文台の資料によりますと、今朝29日午前3時48分頃に満月になりました。今夜もほぼ真ん丸な月を見られる所が多くなるでしょう。桜が見ごろを迎えた所では桜と綺麗な月の共演を楽しめそうです。

満月には英語圏で様々な呼び名があります。4月は「ピンクムーン」、6月は「ストロベリームーン」などと月ごとに呼び方が変わります。3月の満月は、「ワームムーン」と呼ばれます。名前の由来は、雪どけのこの時期に、地面から這い出してくるミミズや芋虫の這ったあとにちなんで付けられたとか。このような呼び名を思い出しながら、月を眺めてみるのも楽しいかもしれません。

今夜の天気は?

今夜は沖縄や九州から東海、北陸は広く晴れて、月を見られる所が多いでしょう。関東から東北は所々に雲はかかりますが、雲の切れ間から月を見ることができそうです。北海道は雲が広がりやすく、雨の降る所もあるでしょう。

この時期ならではの桜と月の共演。人が集まる場所では難しいですが、家の周りで楽しんでみるのも良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい