九州 内陸部は夏日も 28日は一時風雨強まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 内陸部は夏日も 28日は一時風雨強まる

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


九州は、来週にかけて季節を先取りした暖かさが続きます。最高気温が25度以上の夏日になり、汗ばむ陽気になる所もある見込みです。また、28日(日)は前線が九州を通過するため、一時雨や風が強まりやや荒れた天気になるでしょう。

あす27日(土)にかけて、内陸部では夏日も

きょう26日(金)、九州は移動性高気圧に覆われて各地ともおだやかに晴れて、ポカポカ陽気になるでしょう。最高気温は各地で20度を超え、内陸部は25度以上の夏日になる所もある見込みです。

今朝は放射冷却で冷え込みが強まり、山沿いでは氷点下になった所もあり、山沿いや内陸部では朝と昼間の気温差が20度以上になる所もありそうです。上手に服装の調節を行いましょう。

あす27日(土)は次第に雲が増えてきますが、暖かい南寄りの風が吹くため気温が上がり、内陸部では夏日になる所があるでしょう。

28日(日)はやや荒れた天気

27日(土)夜は、西から低気圧や前線が近づいてくるため、九州は次第に南よりの風がやや強まり、早い所で雨が降り出すでしょう。

そして、28日(日)は朝から昼前にかけて前線が九州付近を通過するため、やや荒れた天気になるでしょう。九州各地で雨が降り、午前中は一時雨脚が強まる所があるでしょう。各地でまとまった雨量になる見込みです。前線の通過に伴い初め南よりの風が強く、海上は波が高くなる見込みです。船舶は強風や高波にご注意下さい。午後は北から次第に雨が止み、ゆっくりと天気は持ち直す見込みです。

早く満開になった桜は、28日(日)の雨や風で散り始める所がでてきそうですが、これから満開になる桜はまだ花が散ってしまうことはなさそうです。

来週も高温傾向続く

28日(日)の雨のあとも寒の戻りはなく、来週にかけて季節が1か月以上も先取りした暖かさが続くでしょう。来週、天気は周期変化しますが、気温は平年より高く、夏日になる所がある見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい