25日も東・北日本はスギ花粉が「非常に多い」 西日本はヒノキがピーク 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

25日も東・北日本はスギ花粉が「非常に多い」 西日本はヒノキがピーク

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


25日も、各地で花粉は多く飛ぶ予想です。その先、週末は雨が降って、飛散が収まりますが、週明け以降、また花粉の飛ぶ量は多くなりそうです。

25日 花粉は多く飛ぶ予想

あす(25日)は、気圧の谷や湿った空気の影響で、全国的にきょう(24日)よりも雲が広がりやすく、所々で雨が降りますが、気温は全国的に平年より高く、4月中旬から下旬並みの暖かさの所が多い見込みです。

あすも、花粉の飛散は、各地で「非常に多い」または「多い」予想で、引き続き、しっかりとした対策が必要です。

東日本・北日本 スギ花粉が大量飛散

東日本や北日本では、あすもスギ花粉が大量に飛ぶでしょう。特に東北では、スギ花粉の飛散がピークを迎えていて、今月いっぱいはピークが続くと予想されます。この先も、花粉症の症状が重い方にとっては辛い日が続きそうです。

一方、東日本では、飛んでいる花粉はヒノキ花粉にかわりつつありますが、まだスギ花粉の飛散もあるでしょう。

西日本 ヒノキ花粉の飛散がピークに

ヒノキ花粉も西日本を中心に飛散が多くなっています。特に九州では、ヒノキ花粉の飛散のピークを迎えていて、あすも大量に飛ぶ予想です。

あさって以降の飛散の予想は、あさって金曜日と土曜日は、晴れる所が多く、各地で花粉の飛散は「非常に多い」でしょう。日曜日と月曜日は、前線が通過する影響で雨が降り、花粉の飛散はいくらか収まりますが、その後、雨の降った翌日は、花粉の飛ぶ量はまた多くなるでしょう。

花粉のシーズンはまだ続きますので、メガネなどで花粉を取り込まないような工夫や、屋内に入る前に払い落とすなど持ち込まない工夫をして対策なさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい