花粉 「非常に多い」レベル 西日本はヒノキがピーク 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

花粉 「非常に多い」レベル 西日本はヒノキがピーク

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


28日(日)にかけても花粉対策が欠かせません。連日のように「非常に多い」予想。九州から近畿は、ヒノキ花粉がピークを迎えています。

特に注意が必要な日は?

つらい花粉シーズンは、まだまだ続きます。この先も「非常に多い」予想の日がほとんどです。

あす23日(火)・24日(水)、26日(金)・27日(土)は、広く晴れて、気温も上昇。花粉が飛びやすい条件がそろいます。特に26日(金)と27日(土)は各地で「非常に多い」予想です。

雨が降って、少し花粉の飛散が抑えられるのは、25日(木)と28日(日)。一方で、仙台は連日「非常に多い」予想となっていて、東北では「スギ花粉」がピークを迎えています。

九州から近畿 ヒノキ花粉がピーク

3月下旬になって、九州から近畿は「ヒノキ花粉」の飛散がピークとなっています。東海や関東もメインは「スギ花粉」から「ヒノキ花粉」に移りつつあります。

九州から近畿は4月上旬にかけて、東海と関東は4月上旬から中旬にかけてが、「ヒノキ花粉」のピークとなるでしょう。折り返しを過ぎても、少なくとも4月中は万全な対策が必要です。

帰宅後の対策

外出から帰ってきたら、うがいをしましょう。また、洗顔をして花粉を落とすとよいでしょう。髪の毛にも花粉が付着するのでしっかりとシャンプーをするのも効果的です。

なお、花粉飛散シーズンに窓を全開にして換気すると大量の花粉が室内に流入します。

花粉のピーク時に1時間の換気をしたところ、3LDKのマンション一戸で、およそ1000万個もの花粉が屋内に流入したとの実験結果もあります。新型コロナウイルス感染予防のため、換気をする機会が多いかと思いますが、窓を開ける幅を10センチ程度にして、レースのカーテンをすることで、部屋の中に入ってくる花粉の数を、全開にした時と比べておよそ4分の1に減らすことができるという実験結果もあります。窓を開ける幅は少しでも構いませんので、なるべく換気しながら花粉を防ぎましょう。

なお、床やカーテンなどに花粉が多数付着している可能性がありますので、こまめに掃除をし、カーテンは定期的に洗濯をするとよいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい