週間天気 21日日曜は大雨の所も 来週は東京など桜満開ラッシュの暖かさ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 21日日曜は大雨の所も 来週は東京など桜満開ラッシュの暖かさ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


21日日曜は、東海や関東甲信、東北を中心に「大雨」や「横殴りの雨」になるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒が必要です。来週は、全国的に暖かい日が多く、東京や広島、福岡など、次々に桜が満開になるでしょう。

21日日曜 大雨エリアは 東や北へ

21日日曜は、低気圧が発達しながら日本海を進み、寒冷前線が本州付近を通過するでしょう。そのため、全国的に天気が崩れ、雷を伴った「非常に激しい雨」や「激しい雨」が降り、大雨になる所がありそうです。

沖縄は曇りや雨で、九州や中国、四国は、昼前まで雨の降る所がありそうです。特に、雨雲や雷雲が発達しやすいのは四国で、明け方までは、局地的に「非常に激しい雨」が降るでしょう。傘が全く役に立たなくなるレベルの雨で、車の運転が危険なほどです。

近畿や東海、関東甲信は、雨や雷雨で、沿岸部を中心に、所々で「激しい雨」が降るでしょう。北陸や東北も雨の一日で、夜遅くは、東北南部の沿岸部で「激しい雨」の降る所がありそうです。バケツをひっくり返したような雨が降り、道路が川のようになるおそれもあります。沿岸部は風も強まるので、「横殴りの雨」になる所もあるでしょう。

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒するとともに、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうに、ご注意ください。

北海道は、太平洋側から次第に雪で、午後は雨に変わってくるでしょう。風も強まり、午前中は、ふぶく所もありそうです。車の運転などは、いつも以上に慎重にしてください。

来週 天気は「春らしく変化」 気温は「桜が咲き進む暖かさ」

22日月曜は、日本海側では雨や雪の降る所がありますが、太平洋側では、広い範囲で天気が回復するでしょう。23日火曜は、日本海側でも日差しが出て、全国的に晴れそうです。

ただ、穏やかな天気は長くは続きません。来週は、春らしく、天気が周期的に変わるでしょう。

24日水曜は、西から天気が下り坂で、週の中頃は、広い範囲で傘の出番となりそうです。雨の降るタイミングや、雨の降るエリアは、まだ変わる可能性がありますので、tenki.jpの2週間天気

で、こまめに確認してください。

気温は、この時期にしては高い所が多いでしょう。関東甲信から九州では、20℃くらいまで上がる日が多く、この暖かさで、来週は、まだつぼみの桜も、どんどん咲き進むでしょう。

日本気象協会が18日に発表した「2021年桜開花予想(第6回)」によりますと、東京は22日月曜、広島や福岡は23日火曜に、桜が満開を迎えそうです。来週は、関東甲信から九州では、桜の満開ラッシュになるでしょう。

一方、北陸から北の積雪の多い所では、この暖かさによって、雪どけが進みそうです。雪崩や屋根から落ちる雪に、十分、お気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい