花粉 まだまだピーク 来週は連日「大量飛散」予想 対策いつまで続ける? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

花粉 まだまだピーク 来週は連日「大量飛散」予想 対策いつまで続ける?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E


きょうも、九州から東北は、花粉対策が必要です。あすは、花粉の飛散がおさまりますが、一時的でしょう。来週は広い範囲で、一番上のレベルの「非常に多い」日が続くため、3月下旬も万全な対策を心がけてください。

きょう20日 花粉はどこで多い?

20日土曜は、雨の範囲が広がるでしょう。雨の降る時間は、九州は午前中から、中国、四国では昼頃から、近畿から東北では夕方以降ですが、昼間は、南風によって、この時期にしては暖かい所が多くなりそうです。

このため、広い範囲で、花粉対策が欠かせないでしょう。九州から関東甲信では、スギ花粉からヒノキ花粉へと、西からピークが移り変わってきています。ただ、スギ花粉のピークが過ぎた所でも、敏感な方は、少しの花粉が飛んだだけでも、症状がでてしまいます。東北では、特に、スギ花粉が多く予想されていますので、こちらも対策を忘れないでください。

あすは「少ない」予想の所も ただ油断できません

21日日曜は、全国的に天気が崩れるでしょう。そのため、花粉の飛ぶ量は、一時的に、落ち着きそうです。ただ、花粉症の方が「ホッとできる日」は、長くは続きません。

花粉が飛びやすい条件には、「晴れて気温が高い日」や「空気が乾燥して、風の強い日」「雨上がりの翌日や、気温の高い日が2~3日続いた後」などがありますが、22日月曜は「雨上がりの翌日」で「晴れて気温が高い」など、花粉が飛びやすい条件に、ピッタリ当てはまってしまいそうです。雨が降った翌日の、よく晴れた日には、雨が降った日に開花しなかった分とあわせて、二日分の花が開花しますので、大量の花粉が飛んでしまうでしょう。

23日火曜以降も、花粉の飛ぶ量は、広い範囲で、一番上のレベルの「非常に多い」予想です。来週も、まだまだ万全な対策が必要です。

花粉対策 いつまで?

この先、いつまで対策が必要なのか、地点ごとの詳しい予測を見てみます。

福岡や高松、広島、大阪では、ヒノキ花粉で症状のでる方は、4月上旬まで、万全な対策が必要です。名古屋や東京では、ヒノキ花粉で症状のでる方は、4月中旬にかけて、しっかりした対策が欠かせなくなりそうです。金沢や仙台では、ヒノキ花粉のピークははっきりしませんが、スギ花粉で症状のでる方は、3月下旬も、引き続き対策を忘れないでください。

年度末の忙しい時期になりますが、不規則な生活や、睡眠不足は、花粉症の症状を更に悪化させます。また、風邪をひくと、鼻の粘膜が一層弱くなり、花粉症の症状を悪化させることがあります。十分ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい