日曜日は広く雨 横殴りの雨も 春の嵐のあと東京など桜満開になる予想 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日曜日は広く雨 横殴りの雨も 春の嵐のあと東京など桜満開になる予想

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


21日(日)は、広く雨が降り、南風が強めに吹く見込みです。大雨になる所もあり、土砂災害などに警戒が必要です。桜にとっては、開花を促す雨。満開の便りが届くのは、もうすぐです。

20日(土) 四国の太平洋側を中心に雨雲発達

20日(土)は、東シナ海の前線を伴った低気圧が、夜には対馬海峡付近まで進むでしょう。低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込みます。九州や四国を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。

九州は雨が降り、雷が鳴る所があるでしょう。中国地方や四国は、昼頃から次第に雨や雷雨になる見込みです。特に、夕方以降は、四国の太平洋側で雨雲が発達しやすく、非常に激しい雨が降る所があるでしょう。水しぶきであたり一面が白っぽくなり、車の運転は危険な場合もあります。近畿や北陸、東海も夕方以降、雨が降り出す所が多く、関東や東北も夜には雨雲がかかる見込みです。北海道は道南で、夜は雪や雨が降る所があるでしょう。

21日(日) 広く雨 南風が強まり横殴りに

21日(日)は、低気圧が発達しながら、日本海を北東へ進むでしょう。低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過する見込みです。

広く雨が降り、北海道では湿った雪になるでしょう。前線の通過で、雨や雪の降り方が強まったり、雷が鳴ったりすることがある見込みです。ただ、東海や関東付近では前線が近づく前から、雨雲が発達しやすいでしょう。広く南風が強めに吹き、横殴りの雨になる見込みです。

東海や関東、東北の太平洋側では、大雨になる所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒してください。また、雷雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物の中など、安全な場所に移動してください。積雪の多い地域では、なだれにも注意が必要です。

南風で、気温は高めでしょう。最高気温は、九州から東北南部では、20℃くらいまで上がる所が多い予想です。

桜咲き進む 週明けに東京など満開に

21日(日)に前線が通過した後は、寒気が流れ込む見込みです。22日(月)は九州など西から次第に天気は回復してきますが、九州から東海では、この時期らしい気温になる所が多いでしょう。

大雨や強風が心配ではありますが、桜にとっては開花を促す雨。日本気象協会が18日(木)に発表した「2021年桜開花予想(第6回)」では、22日(月)は東京で、23日(火)は福岡や広島で、24日(水)には高知で桜が満開になる予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい