月と火星が接近 自ら光を放つアルデバランも並ぶ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

月と火星が接近 自ら光を放つアルデバランも並ぶ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


19日夜、月と火星が接近して見えます。さらに、おうし座を形作る星の一つで、自ら光を放って輝くアルデバランも近くに並びます。

月・火星・アルデバランが並ぶ

19日夜は、月と火星が接近して見えます。その近くには、おうし座の1等星アルデバランが並びます。

火星は、太陽の周りを回る惑星の一つで、太陽光を反射して輝いており、赤っぽい色で観察されます。一方、アルデバランは、おうし座を形作る星の一つで、太陽と同様、自ら光を放って輝く恒星で、オレンジ色に見えます。同じような赤っぽい色に見える2つの星は、実は異なる種類の星なのです。

月と火星、アルデバランが並ぶ様子は、にっこり微笑んでいるかのようにも見えるでしょう。

今夜の天気は?

19日夜は、本州付近は高気圧に覆われる見込みです。大陸から東シナ海には、前線が延びるでしょう。

北海道は、気圧の谷の影響で、雲が広がりやすいですが、雲には隙間があり、星空が見られる所がありそうです。東北、北陸、東海から中国地方、四国は、晴れる所が多く、星空観察によい条件です。関東では、夜遅くなるほど雲が多くなりますで、早めの観察がよいでしょう。九州は、雲が広がり、星空観察にはあいにくの天気になりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい