中国地方 ヒノキ花粉の飛散最盛期へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 ヒノキ花粉の飛散最盛期へ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


中国地方はヒノキ花粉が所々で飛び始め、本格的なヒノキ花粉シーズンの足音が聞こえてきています。

向こう一週間の花粉飛散予想は、雨が降る日以外は瀬戸内側を中心に大量の花粉が飛散し、3月下旬からヒノキ花粉の飛散がピークを迎える予想です。

スギ花粉の飛散は終盤を迎えていますが、ヒノキ花粉は飛ぶ量が増え最盛期に入りますので、引き続き花粉症対策が必要です。

来週にかけても天気は小刻みに変わる

あす(19日)は全般に晴れる見込みです。朝は内陸を中心に冷えますが、昼間は瀬戸内側を中心に気温が上向き最高気温が20度を超える所もあるでしょう。

土曜日(20日)は午前中を中心に晴れ間が出ますが次第に雲が広がり、午後は雨が降る見込みです。

日曜日(21日)は昼頃にかけて全般に雨が降り、朝までは雨脚が強まる可能性があります。その後、夕方以降も日本海側では雨が降る見込みです。また風も強まり荒れた天気になるおそれがあります。最新の気象情報をご確認ください。

月曜日(22日)は晴れ間も出ますが、日本海側では降水の可能性があります。冷たい空気が流れ込み肌寒くなりそうです。気温の変化で体調を崩さないよう服装などで調節を!

火曜日(23日)は各地とも晴れ、水曜日(24日)も大体晴れますが午後を中心に雲が多くなり、木曜日(25日)は晴れたりくもったりの天気に。

今後も最新の情報をtenki.jpでチェックしてください!


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい