18日 晴れる所が多いが 一部で雨 花粉に注意を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日 晴れる所が多いが 一部で雨 花粉に注意を

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C

画像D

画像D


きょうは、高気圧に覆われて晴れる所が多いが、北海道と東北の日本海側は寒気の影響で雲が広がりやすい。関東南部の一部と沖縄、奄美、種子島、屋久島では局地的な雨。最高気温は、平年を上回る所が多く、桜が咲き進む所も。花粉の飛散が続く。

きょうの天気 多くの所で晴れるが 雨の所も

きょう18日(木曜日)は、本州付近の高気圧に覆われて、関東から九州は晴れるでしょう。千葉県では、天気図には現れない前線の影響で、夜遅い時間に雨の降る所がある見込みです。

北海道から東北は西高東低型の気圧配置で、冬の名残りの寒気に覆われるでしょう。日本海側ほど雲が広がりやすく、北海道の北部と東部では午前中雪が降る所もありそうです。東北南部の太平洋側では、乾燥した晴天が続くでしょう。

沖縄、奄美では、南海上の高気圧に覆われて、晴れる所が多い見込みですが、前線に近い種子島、屋久島地方と奄美地方は雲が多く、午後にかけて所によって雨が降るでしょう。沖縄本島地方では、午後を中心に局地的な雨が降りそうです。

きょうの最高気温 快適な温度の所が多い

きょう18日(木曜日)の最高気温は、きのうと比べて、上回る所、下回る所がまちまちですが、平年の気温を多くの所で上回るでしょう。

関東から九州にかけての太平洋側では18℃から22℃の所が多い予想です。この数字は、多くの方が「快適」と感じるときの温度で、春風が心地よく感じられそうです。

山陰から東北南部は、10℃から15℃の所が多いでしょう。陽だまりでは暖かく感じられる見込みです。ガラス越しの日差しは、昼食後など、ついウトウトと眠気を誘われがちになるかもしれません。特に、ドライバーの皆さんは、ご注意ください。

東北北部から北海道では、寒気の影響で10℃を下回る所が多いでしょう。内陸部では0℃未満の真冬日が続く所もある見込みです。

沖縄では、太陽が真上に近い所から照りつけて、25℃以上の夏日になる所があるでしょう。

きょうも花粉に注意を

スギ花粉に加えてヒノキの花粉が飛んでいる所もありますが、きょうも東北から九州では、花粉の飛散数が多い、または非常に多くなるでしょう。

花粉対策の大事なポイントは大きく二つあります。一つ目は、花粉を身体に寄せつけないこと、二つ目は、花粉を室内に入れないことです。

マスクの着用はもちろんですが、メガネや帽子の着用は効果的です。衣服も、表面が「ツルツル、スベスベ」がおすすめです。「けばけば」は花粉が付着しやすいため、避けたほうが安心です。

外出から戻った際は、玄関先で花粉を「パタパタ、サッサー」と払い落としましょう。窓を開けるときは全開放せずに10センチ程度に抑えて、カーテン越しの風を取り込むとよいでしょう。洗濯物や布団を取り込む際は、しっかりと花粉を払い落としましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい