13日土曜日も  東海や関東、東北で激しい雨 強雨いつまで 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

13日土曜日も  東海や関東、東北で激しい雨 強雨いつまで

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう13日(土)、東海や関東は昼頃まで、北陸や東北は午後も雨が降り、非常に激しい雨や激しい雨の降る所があるでしょう。

発達中の低気圧が北東進

きょう13日(土)は低気圧が発達しながら東日本付近を北東へ進み、あさって14日(日)には三陸沖へ進む予想です。

低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んでおり、大気の状態が非常に不安定になっています。局地的に雨雲や雷雲が発達し、三重県大紀町付近では、午前3時30分までの1時間に約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。三重県大紀町には土砂災害警戒情報が発表されています。急な斜面付近では土砂災害に警戒してください。

強雨いつまで?

九州と四国は日中は天気が回復し、おおむね晴れる見込みです。一方、中国や近畿は昼頃まで所々で雨が降るでしょう。

東海と関東甲信、北陸は昼頃まで広く雨が降りそうです。東海は朝まで、関東は昼頃までが雨のピークで、活発な雨雲や雷雲がかかりそうです。滝のような非常に激し雨やバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所があるでしょう。

東北は夜にかけても雨で、太平洋側を中心に夕方からは落雷や激しい雨に注意が必要です。あさってにかけても雨や雷雨が続き、大雨となる恐れがあります。

沿岸部を中心に風も強く、横殴りの雨になる所もあるでしょう。

各地の雨量は?

14日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で

東北地方、東海地方:120ミリ

関東甲信地方:100ミリの見込みです。

低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に注意・警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい