北海道や東北で瞬間的に20メートル以上の風 高い所での作業は危険 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道や東北で瞬間的に20メートル以上の風 高い所での作業は危険

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


10日、前線を伴った低気圧が北海道を進んでいます。札幌市や福島市などで、最大瞬間風速20メートル以上の風を観測しました。夜にかけて強風に注意が必要です。

北海道や東北で瞬間的に20メートルの風を観測 今年最も大きな値の所も

10日、低気圧が北海道を進んでいます。低気圧から延びる寒冷前線が、本州を通過しました。北海道や東北を中心に、西よりの風が強めに吹いています。

正午までの最大瞬間風速は、北海道札幌市で27.0メートル、石狩市で23.2メートル、新千歳空港 で21.1メートル、宮城県蔵王町で24.8メートルを観測しました。いずれも今年最も大きな値です。

福島市でも21.1メートルを観測し、今年に入ってから、1月31日の21.6メートルに次ぐ2番目に大きな値になりました。また、青森市では、20.7メートルを観測しました。

瞬間風速20メートル以上の風は、風に向かって歩けなくなり、転倒する人もでるくらいです。雪下ろしなど、高い所での作業はきわめて危険です。

夜にかけて強風に注意

10日夜は、北海道や東北の日本海側の風は、次第に収まる所もありますが、太平洋側では、風が強い状態が続く見込みです。関東や東海なども、強風が吹きやすく注意が必要です。ベランダなどにある、風に飛ばされやすいものは、屋内にしまっておくとよさそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい