東北 この先は寒暖差が大きい 週後半は花粉に要注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 この先は寒暖差が大きい 週後半は花粉に要注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす(土)は東北南部や太平洋側では気温が上がり、雪解けが進みそうです。積雪の多い所では、雪崩や落雪に注意が必要です。あさって(日)は広い範囲で晴れますが、各地で寒の戻りとなりそうです。体調管理に注意してください。週が明けて、8日(月)以降はだんだんと春らしくなり、11日(木)から12日(金)は春本番の陽気になる見込みです。花粉症の方は万全な対策が必要です。

あす(土) 雪解けによる雪崩や落雪に注意

あす(土)は、寒冷前線が東北地方を通過するでしょう。

未明から朝にかけては、東北北部や日本海側を中心に雨が降り、湿った雪の降る所もありそうです。お出かけの際は、路面状況に注意してください。午後は晴れ間のでる所が多くなりますが、海上を中心に風が強まり、波が高くなるでしょう。強風や高波に注意が必要です。

日中は青森県や秋田県では厳しい寒さとなりますが、そのほかは気温が上がる見込みです。山沿いなど積雪の多い所では、雪解けによる雪崩や屋根から落ちる雪にお気を付けください。

あさって(日) 空気の冷たい一日に

あさって(日)は、移動性の高気圧におおわれる見込みです。

東北地方は、広い範囲で晴れて、太平洋側を中心に空気が乾燥するでしょう。火の取り扱いに注意してください。

朝晩は放射冷却が強まり、東北北部の内陸や山沿いを中心に冷え込むでしょう。路面の凍結に注意し、夜は暖かくしてお休みください。日中も寒気の影響で気温が上がりにくく、空気の冷たい一日となりそうです。マフラーや手袋など冬の装いでお出かけください。

8日(月)~ 週の後半は春本番の陽気に

8日(月)以降は、晴れ間のでる日が多くなりそうです。ただ、9日(火)は、本州南岸付近を進む低気圧の影響で、雨や雪の予報に変わる可能性があります。また、10日(水)は一時的に冬型の気圧配置になり、日本海側を中心に雪や雨が降る予想です。海上を中心に風が強まり、ふぶく恐れもありますので、今後の情報にご注意ください。

気温は、週の後半にかけて上昇し、11日(木)から12日(金)にかけては、春本番の陽気になりそうです。花粉が多く飛びそうですから、花粉症の方は万全な対策が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい