ニュージーランド沖M8.1地震 日本では若干の海面変動も被害の心配なし 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ニュージーランド沖M8.1地震 日本では若干の海面変動も被害の心配なし

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


日本時間の3月5日午前4時28分ごろ、南太平洋のケルマデック諸島を震源とするマグニチュード8.1の大きな地震がありました。この地震により、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はないとのことです。

日本の沿岸では被害の心配はなし

日本時間の3月5日午前4時28分ごろ、ニュージーランドの北側の南太平洋のケルマデック諸島を震源とするマグニチュード8.1の大きな地震がありました。

気象庁はこの地震について日本への津波の影響があるかどうか調べていましたが、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はないとのことです。

太平洋津波警報センター(PTWC)では5日9時25分に津波情報発表

なお、太平洋の広域に津波発生の可能性があります。

太平洋津波警報センター(PTWC)では5日9時25分に津波情報を発表しています。

既に観測された各地の津波の高さは以下のとおりです。

国・地域名:検潮所名:津波の高さ

仏領ポリネシア:パペーテ:0.17m

仏領ポリネシア:フアヒネ島:0.10m

バヌアツ:タンナ島:0.30m

仏領ニューカレドニア:マレ島:0.11m

ニュージーランド:グレートバリア島:0.30m

ニュージーランド:ノースケープ:0.15m

ニュージーランド:イーストケープ:0.16m

(津波の高さは太平洋津波警報センター(PTWC)による)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい