スギ花粉 あすは万全の対策を 来週は高温傾向で大量飛散が続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スギ花粉 あすは万全の対策を 来週は高温傾向で大量飛散が続く

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


雨上がりのあす3日(水)は、九州から東海で、スギ花粉が非常に多く飛ぶでしょう。

来週は広い範囲で平年より気温が高くなる予想。スギ花粉の飛散がピークを迎えている近畿や東海、関東では、非常に多く飛ぶ日が続く見込みです。

あす 花粉の飛びやすい条件が揃う

あす3日(水)、日本付近は一時的に冬型の気圧配置となりますが、次第に高気圧に覆われるでしょう。このため、九州から関東にかけて、広く晴れる見込みです。朝まで雪の降りやすい北海道や東北、北陸から山陰でも、午後は晴れ間が広がりそうです。風は、はじめやや強く吹く所が多いでしょう。晴れてもあまり気温が上がらず、最高気温は平年並みか平年より低い所が多い見込みです。ただ、気温がそれほど高くなくても、「雨の翌日」「晴れ」「空気が乾燥」「風がやや強い」など、花粉の飛びやすい条件が揃うため、九州から東海では、スギ花粉の飛ぶ量が非常に多くなりそうです。

来週は高温傾向 東北でも多く飛ぶ日がありそう

きのう1日(月)、気象庁から高温に関する早期天候情報が発表されました。

九州南部と奄美は3月7日(日)頃から、九州北部や中国、四国、近畿、東海は3月9日(火)頃から、関東甲信と北陸は3月10日(水)頃から、東北は3月11日(木)頃から、暖かい空気に覆われやすいため、平年より気温が高くなると予想されています。

スギ花粉の飛散がピークを迎えている近畿から関東では、大量飛散となる日が続くでしょう。また、東北でも多く飛ぶ日がありそうです。万全の対策でお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい