週間 天気の変化は早く 気温の変化も大きい スギ花粉はピーク 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 天気の変化は早く 気温の変化も大きい スギ花粉はピーク

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


3月スタートのあす1日(月)は、西から天気が下り坂です。あさって2日(火)は低気圧が発達しながら日本付近を通過するため、北海道や東北を中心に大荒れの天気になる恐れがあります。3日(水)は天気が回復するものの、関東から九州では晴れて気温が上がり、花粉が非常に多く飛ぶでしょう。

3月スタートのあす 西から天気が下り坂

3月スタートのあす1日(月)は、日本海から低気圧や前線が近づいてくるため、天気が下り坂に向かいます。

北海道は日本海側は午後から次第に雪で、太平洋側も夜は雪の降る所があるでしょう。東北では次第に曇って、北部では昼頃から雨の降り出す所がありそうです。前線に向かって暖かい空気が入るため、雪ではなく雨です。

近畿、中国、四国、九州も、夕方から次第に雨雲のかかる所が多くなりそうです。東海や関東、北陸は日差しの届く所がありますが、夜は所々で雨が降りそうです。沖縄は、だいたい晴れるでしょう。

最高気温は日差しが少なくても、南よりの風が吹くため、平年より高い所が多くなりそうです。九州から北陸は15度を超える所がほとんどで、九州では20度を超える所もあるでしょう。

九州から関東では、雨がまだ降らない日中を中心に花粉が非常に多く飛びそうです。花粉症対策をしっかりとなさってください。

あさって2日(火) 北海道や東北を中心に大荒れの恐れ

あさって2日(火)は、前線を伴った低気圧が発達しながら、日本付近を通過する見込みです。全国的に荒れた天気になり、低気圧の発達の程度によっては、東北や北海道では大荒れや大しけになる恐れがあります。最新の気象情報をチェックなさってください。

広い範囲で雨が降るでしょう。北海道でも、はじめは湿った雪が降りそうです。前線が通過する際は、雨や雪の降り方が強まる所もあるでしょう。前線が通過した後は、寒気が流れ込んで、東北の日本海側から山陰では雪に変わる所もありそうです。

前線が通過する前と後では、暖かい空気から冷たい空気にガラッと入れ替わります。一日の気温の変化が大きくなりますので、服装でうまく調整なさってください。

3日(水)関東から九州は晴れて気温上昇 花粉が非常に多く飛ぶ

3日(水)、桃の節句は、本州付近は移動性の高気圧に覆われて、天気の回復する所が多いでしょう。

日差しの届く所が多く、北海道や東北の日本海側、北陸も雪は次第に止む見込みです。ただ、冷たい空気がまだ残るため、最高気温は平年並みの所が多い予想です。

風はおさまりますが、雨上がりは、花粉の飛びやすい条件です。花粉が非常に多く飛びますので、マスクに加えて、メガネをするなど、花粉症対策を万全になさってください。また、洗濯物を外干しにした場合は、取り込む際に、しっかりと花粉を払いましょう。

4日(木)は西から早くも天気が下り坂 5日(金)と6日(土)は広く雨

晴れの天気は長続きしません。4日(木)は、大陸から前線が近づき、西から早くも天気が下り坂になりそうです。

九州や中国、四国では、午後は雨の降りだす所があるでしょう。そのほかの所は日差しの届く所がありますが、次第に雲が広がりそうです。朝は冷え込む所が多いですが、最高気温は平年より高い所がほとんどでしょう。服装でうまく調整なさってください。

5日(金)から6日(土)は九州から東北は広く雨で、最高気温は15度を超える所が多いでしょう。4月並みになる所もありそうです。ただ、6日(土)は北海道の日本海側では、寒気の影響で雪が降る所もあるでしょう。

tenki.jpの2週間天気によると、今週から来週にかけては天気の変化が早く、気温のアップダウンも大きくなります。体調を崩さないように、お気をつけください。テレワークなどで、外に出かける機会が少なくなっている方が多くなっています。時間を見つけて、散歩をしたり、自宅でトレーニングをするなど体力作りを心がけてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい