スギ花粉の飛散 早いペース 2月に東京都内で予測の約3割飛散の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スギ花粉の飛散 早いペース 2月に東京都内で予測の約3割飛散の所も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


今シーズン、東京都内では早いペースで花粉の飛散量が多くなっています。この先もスギ花粉が多く飛ぶ予想です。花粉症の方は万全な対策を。

早いペースで花粉が飛散

今シーズン、東京都内では早いペースで花粉の飛散量が多くなっています。

1番上のグラフは多摩地域のスギ花粉の飛散量の累積です。東京都福祉保健局東京都アレルギー情報navi.より、直近のデータがある多摩地域(青梅、八王子、多摩、町田、立川、府中、小平の平均)のデータより作成しています。

今年は2月中旬頃から飛散量が増えて、早いペースでたくさんの花粉が飛んでいることが分かります。今年は早い時期からつらい症状となっている方も多いかもしれません。2番目のグラフは予測に対してどのくらい飛散したかを表しています。多摩地域の合計では今シーズンはすでに予測の2割以上となっています。そのうち、立川や八王子など多い所では3割程度すでに飛んでいると見られます。

なお、2020年も早いペースで多く飛散しましたが、全体の飛散量としては例年より少ない飛散でした。

この先も花粉対策を万全に

関東ではこの先1週間も花粉が多く飛ぶ日が多いでしょう。特に1日(月)は気温が高く、風も強いため、非常に多く飛ぶ予想です。

関東の花粉飛散量は例年に比べると「やや少ない」予想ですが、少なかった去年と比べると「非常に多い」予想です。花粉症の方は、この先も万全な花粉対策をなさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい