23日 日本海側から冬の寒さ ふぶく所も 九州から関東 花粉に注意警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

23日 日本海側から冬の寒さ ふぶく所も 九州から関東 花粉に注意警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


23日は、次第に冬型の気圧配置で、北海道や東北、北陸を中心に強い寒気が流れ込む。北海道と東北の日本海側は雪でふぶく。雷を伴う所も。長野県と北陸から山陰は所々で雪や雨が降る。東北の太平洋側と関東から九州は晴れる。沖縄も晴れる所が多い。寒気の影響で日本海側を中心に冬の寒さに戻る。

日本海側から冬の寒さ 関東から沖縄は初夏から逆戻り

きょう23日(火曜日:祝日)は、冬型の気圧配置に戻って、寒気が流れ込むでしょう。きのうから一転、日本海側各地は冬の寒さに戻る見込みです。関東から九州、沖縄にかけては、きのうより低くなりますが、それでも、まだ春の空気が残ります。

北海道から東北北部は、0℃以下の所が多いでしょう。

東北南部と北陸や長野県は5℃前後です。秋田や仙台、金沢では、きのうより10℃あまり下回りそうです。

関東や東海と近畿では、15℃前後の所が多いでしょう。静岡県では20℃になる所もありそうです。きのうに比べて5℃前後低い所が多く、名古屋は3月並み、きのうは初夏の陽気だった東京も、ひと月分ほど季節は逆戻りしますが、まだ春の暖かさです。

近畿北部と山陰は10℃前後で、きのうより10℃以上低くなるでしょう。

近畿中部、南部と山陽は15度前後ですが、きのうより各地で5℃以上低くなりそうです。

四国と九州は、15℃から20℃くらいでしょう。多くの所で、きのうより5℃くらい低めですが、春の暖かさが残ります。

沖縄と奄美では、きのうと同じ24℃くらいでしょう。25℃以上の夏日になる所もありそうです。

きょうの天気 北海道や東北で雪やふぶき ジワリ冬

きょう23日(火曜日:祝日)は、日本海側から冬の足音が迫ります。

北海道と東北の日本海側は雪が降ったりやんだり、季節風が強く、ふぶく所があるでしょう。

北陸から山陰にかけては、雲が多く、新潟県と富山県を中心に雪や雨が降る見込みです。海上を中心に季節風が吹き荒れそうです。

東北の太平洋側と関東、東海は晴れますが、北西の風が強まり、山沿いでは雪の降る所があるでしょう。

近畿中部、南部から山陽と四国、九州は大体晴れる見込みです。こちらも北風の強まる所が多いでしょう。

沖縄は晴れますが、午後は雲の広がる所がある見込みです。沖縄では北東の風が強まりそうです。

花粉飛散 九州から関東で多く、非常に多い所も

きのうより気温が下がる九州から関東地方は、南風が北風に変わりますが、花粉の飛散数は引き続き多いレベルでしょう。tenki.jpの花粉飛散情報2021で花粉に注意、警戒をなさってください。

マスクやメガネは、もちろんですが、帽子をかぶることや髪が長い方は、まとめることも効果的です。花粉を少しでも寄せつけない工夫をなさってください。

外出から戻った際は、玄関先で花粉をサッサッサーではなくシッカリ払い落としましょう。洗濯物を取り込む際も同様です。花粉を室内に持ち込まないことが大事です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい