東北 日本海側で大雪 積雪が3メートルを超えている所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 日本海側で大雪 積雪が3メートルを超えている所も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


18日(木)は強い冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に雪が降っています。今夜にかけても断続的に雪が降り、日本海側の山沿いを中心に大雪となるおそれがあります。大雪による交通への影響、ふぶきや雪崩、着雪に十分注意してください。また、山沿いでは積雪の深さが3メートルを超えている所もあり、雪下ろしなど除雪作業中の事故にもお気を付けください。

18日(木) 日本海側を中心に大雪のおそれ 除雪中の事故に要注意

18日(木)は日本海側を中心に雪が降り、ふぶいている所があります。また、大気の状態が不安定で、雷を伴うおそれがあります。吹雪による見通しの悪さ、落雷や突風、急な強い雪に注意が必要です。

なお、正午までの24時間降雪量は、福島県金山で44センチ、福島県只見で40センチ、福島県南郷で35センチなど、福島県会津の山沿いを中心に雪の量が多くなっています。

今夜にかけても、日本海側では山沿いを中心に大雪となるおそれがあります。特に、地震の影響が大きかった福島県会津では積雪がさらに増えていくでしょう。大雪による交通への影響、電線や樹木などへの着雪、雪崩や屋根からの落雪に十分注意してください。

また、雪下ろしなど除雪中の事故にも注意が必要です。作業は命綱をつけて2人以上で行い、屋根から雪が落ちてくるおそれのある「軒下」には近づかないなど、無理なく慎重な作業を心がけましょう。

20日(土)~22日(月) 春を感じられる陽気に 融雪に注意

この先、20日(土)から22日(月)にかけては、南から暖かい空気が流れ込むでしょう。東北南部を中心に春を感じられる陽気になる所がありそうです。雪の多い所では雪解けが進むため、引き続き、雪崩や屋根からの落雪に注意してください。

なお、気温が上昇する春先の融雪期には、全層雪崩が起きやすくなります。

【全層雪崩が発生しやすい条件】

・過去に雪崩が発生した斜面など

・春先や降雨後、フェーン現象などによる気温上昇時

・斜面に積雪の亀裂ができている

災害から身を守るために、全層雪崩の特徴を改めて確認しておきましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい