日本海側で大雪 兵庫県や鳥取県では 12時間で40センチの降雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側で大雪 兵庫県や鳥取県では 12時間で40センチの降雪

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


18日(木)は強い寒気が流れ込んでいる影響で、日本海側を中心に大雪となっています。鳥取県の大山では午前6時までの12時間に40センチ、兵庫県香美町兎和野高原では午前9時までの12時間に40センチの雪が降りました。

日本海側を中心に大雪

18日(木)は日本付近は冬型の気圧配置が続き、日本の上空には強い寒気が流れ込んでいます。北海道から九州にかけての日本海側を中心に雪が降っています。

鳥取県の大山では午前6時までの12時間に40センチ、兵庫県香美町兎和野高原では午前9時までの12時間に40センチの雪が降りました。岐阜県白川村では午前1時までの12時間で38センチ、岐阜県郡上市の長滝では午前5時までの12時間に38センチ、富山県富山市の猪谷と北海道上川地方美深町では午前1時までの12時間に、それぞれ34センチの雪が降りました。

このあとの雪の見通しは

今夜にかけて強い冬型の気圧配置が続き、雪の量はさらに増える見込みです。

19日12時までに多いところで

北陸地方、東海地方   40センチ

関東甲信地方(長野県)  35センチ

中国地方        30センチ

九州北部地方      8センチ

四国地方        6センチ

の降雪が予想されます。

引き続き大雪による交通への影響に警戒してください。

立ち往生などの万が一に備えて、毛布などの防寒グッズや飲み物や食べ物も用意しておくとよさそうです。また、雪の量が多くなっていますので、ナダレや屋根から落雪にもご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい