北陸 あす18日まで大雪やふぶきによる交通障害に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北陸 あす18日まで大雪やふぶきによる交通障害に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


北陸地方ではあす18日にかけて雪が続き、大雪となる所がある見込みです。新潟県の山沿いでは降雪量が24時間で1メートルに達する所もあるでしょう。大雪やふぶきによる交通障害に警戒してください。

強い雪はいつまで?

北陸地方では断続的に強い雪が降っていて、富山県には、きょう17日14時28分に「顕著な大雪に関する富山県気象情報」が発表されました。今夜遅くにかけて、短時間に強く降る見込みですので厳重に警戒してください。

そして新潟県上中越や富山県、福井県の山沿いを中心に、あす朝にかけて降雪の強まる所がありそうですので警戒が必要です。

また、西よりの風が沿岸部を中心に強く、今夜陸上で予想される風速は18メートル、最大瞬間風速は30メートルの見込みです。ふぶきのため見通しが悪くなる所もありますのでご注意ください。

予想される雪の量は?

予想される雪の量は、今夜18時からあす18日朝6時にかけて山地の多い所で60センチの見込みです。その後、あす18時にかけては多い所で40センチの予想です。特に、新潟県中越の山沿いでは今夜18時からあす18時までの予想降雪量は24時間で1メートルに達する見込みです。

昨年12月中旬の大雪では、湯沢で24時間降雪量が113センチに達するなど記録的な大雪となり、関越自動車道で車約2000台の立ち往生が長時間にわたり、大規模な交通障害が発生しました。今回も、大規模な交通障害の発生する危険性が高くなっていますので、厳重に警戒してください。

また、電線や樹木への着雪やなだれにも注意が必要です。除雪の際には、屋根からの転落や家庭用除雪機に巻き込まれるなどの事故に十分ご注意ください。

あさって19日になると、上空の寒気は次第に北上する見込みです。はじめ雪の残る所がありますが、天気は回復に向かうでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい