「冬の嵐」北・東日本は猛吹雪 西日本で積雪も 警戒いつまで 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「冬の嵐」北・東日本は猛吹雪 西日本で積雪も 警戒いつまで

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像D

画像D


発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、大荒れの天気が続くでしょう。17日(水)まで北海道では数年に一度の猛吹雪となる恐れも。日本海側を中心に大雪となり、太平洋側でも積雪の可能性があります。

北海道と東北を中心に大荒れ

低気圧が北海道付近で急発達しています。北海道や東北は大荒れの天気となっており、最大瞬間風速は北海道日高地方のえりも岬で44.9メートル、十勝地方の広尾町で37.9メートルと2月1位の値を更新しました。

また、次第に寒気が流れ込んでおり、北海道の日本海側から北陸では山沿いを中心に雪が強まっています。

数年に一度の猛吹雪に警戒

このあとも発達した低気圧は北海道付近でほとんど停滞するでしょう。強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる予想です。

猛吹雪に警戒が必要なのは17日(水)にかけてです。北海道と本州の日本海側を中心に雪を伴った非常に強い風が吹くでしょう。

17日(水)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、

北海道地方:28メートル(40メートル)

東北地方:25メートル(35メートル)

関東甲信地方、近畿地方、中国地方:23メートル(35メートル)

北陸地方、九州南部:22メートル(35メートル)

東海地方、四国地方、九州北部地方:20メートル(30メートル)です。

猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に厳重に警戒が必要です。暴風、うねりを伴った高波にも警戒してください。特に北海道の日本海側北部では17日(水)昼前にかけて数年に一度の猛吹雪となる恐れがあります。外出は避けるようにしてください。

大雪に警戒 西日本も積雪の可能性

大雪に警戒が必要なのは18日(木)までです。北海道と本州の日本海側を中心に雪が強まるでしょう。太平洋側や九州でも積雪となる所がありそうです。

17日(水)18時までの24時間降雪量は多い所で

北陸地方:70センチ

東北地方:60センチ

北海道地方、東海地方:50センチ

関東甲信地方、近畿地方、中国地方:40センチ

四国地方、九州北部地方:20センチ

その後、18日(木)18時までの24時間降雪量は、多い所で

北陸地方、近畿地方:60から80センチ

東北地方、関東甲信地方、東海地方、中国地方:40から60センチ

北海道地方、四国地方:20から40センチ

九州北部地方:10から20センチです。

大雪による交通障害に警戒が必要です。普段雪になれない太平洋側でも積雪となる可能性があります。路面状況の変化にご注意ください。また、雪が電線に着雪し、停電が発生する可能性もあります。懐中電灯や暖をとるものを用意しておくとよいでしょう。

真冬並みの寒さに

17日(水)はきょうより大幅に気温が低くなるでしょう、最高気温は真冬並みの所が多くなりそうです。北海道と東北は所々で氷点下、北陸も2度くらいでしょう。関東は12℃ほどですが、東海から九州は10℃に届かず、厳しい寒さになりそうです。風も強く、いっそう寒く感じられるでしょう。

18日(木)は関東も最高気温が10℃以下と、全国的に震えるような寒さになりそうです。急に寒さが戻りますので、万全な寒さ対策をして体調を崩さないようお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい