三重県たった6時間で100ミリ超の雨 平年ひと月の雨量超も 雨雲は東へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三重県たった6時間で100ミリ超の雨 平年ひと月の雨量超も 雨雲は東へ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


15日、東海や関東を中心に雨が降っています。三重県では、たった6時間で、2月の平年ひと月分の雨量を超えた所がありました。雨雲は東へと移り、東北も本格的な雨になるでしょう。

三重県 たった6時間で100ミリ超の雨 2月として1位

15日、本州の南と日本海を、それぞれ低気圧が進んでいます。このため、東海付近に発達した雨雲がかかり、雨量が多くなっている所があります。

11時までの6時間降水量は、三重県紀北町108.0ミリ、鳥羽市121.5ミリ、南伊勢町100.5ミリを観測し、いずれも、たった6時間で、平年2月のひと月分の雨量を超え、統計開始以来、2月として1位の値を更新しました。

静岡県天城山では、11時までの3時間降水量は、101.5ミリを観測し、2月として1位の値を更新しました。

雨雲は東へ 東北も本格的な雨に 土砂災害に注意

15日夜にかけて、本州の南の低気圧は、急速に発達しながら、三陸沖まで進む見込みです。雨雲は次第に東へ移ってきており、東海は、昼過ぎまでカミナリを伴って非常に激しい雨が降る所があるでしょう。関東も昼過ぎまで、発達した雨雲やカミナリ雲がかかる見込みです。傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降る所があるでしょう。東北も次第に本格的な雨になり、夜はカミナリを伴って激しい雨が降る所がある見込みです。13日の地震で揺れが強かった地域では、土砂災害に注意してください。北海道も、雨や湿った雪が降り、降り方が強まる所があるでしょう。広く西よりの風も強まる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい