11日祝日の天気 日本海側も天気回復へ 東日本・西日本は早春の暖かさ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

11日祝日の天気 日本海側も天気回復へ 東日本・西日本は早春の暖かさ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


あす11日(木・祝)は、太平洋側は大体晴れ、北日本の日本海側や北陸も、天気が回復するでしょう。東日本・西日本では、最高気温が平年より3度から5度ほど高く、早春の陽気となりそうです。

日本海側も天気回復 沖縄は激しい雨に注意

あす(11日)は、北海道から九州にかけて、太平洋側の地域では、おおむね晴れるでしょう。東北の日本海側や北陸、山陰にかけては、はじめ寒気の影響を受けて、雪や雨が降りますが、昼ごろまでにはやんで、天気が回復する見込みです。

一方、沖縄は、低気圧や前線に伴う雨雲が、今夜からかかりはじめ、あすは局地的に非常に激しい雨が降る予想です。雨のピークは、八重山地方や宮古島地方では、あす朝~昼ごろにかけて、沖縄本島地方や大東島地方は、あす昼過ぎから夜の初めごろにかけてとみられます。大雨による土砂災害や低い土地の浸水などに十分注意が必要です。

東日本・西日本は3月並みの暖かさに

あすは、東日本・西日本は暖かい空気に覆われる見込みです。予想最高気温は、関東や東海、近畿では15度一歩手前ぐらい、北陸は10度前後でしょう。中国・四国地方は15度前後、九州は15度を超える所が多くなりそうです。平年より3度から5度くらい高く、3月中旬から下旬並みの気温の所が多くなりそうです。あすお休みの方は、日中、家のまわりの外仕事など作業をするのにも、寒さを感じず、ちょうど良い陽気となりそうです。

一方、北日本は平年並みの気温で、予想最高気温は、北海道は0度前後、東北は5度前後でしょう。

積雪のある地域は「なだれ」に注意

気温の上昇に伴って、これまでに積雪のある地域では「なだれ」に注意が必要です。

きょう(10日)午後4時現在、北海道、山形県、福島県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、富山県、岐阜県、滋賀県、兵庫県、鳥取県に「なだれ注意報」が発表されている市町村があります。

気温が高くなる春先などに発生するのが、「全層なだれ」です。山に積もった雪が、全て滑り落ちる現象で、斜面の上の固くて重い雪が、流れるように滑り落ちます。過去に雪崩が発生した斜面や、積雪に亀裂が入っている所では、特にご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい