日本海側を中心に積雪増 群馬県みなかみ町藤原で12時間降雪量47センチ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側を中心に積雪増 群馬県みなかみ町藤原で12時間降雪量47センチ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きのう(8日)から冬型の気圧配置となり、日本海側を中心に雪が降りました。降り方の強まった所もあり、群馬県みなかみ町藤原では12時間降雪量は47センチ(午前5時まで)となりました。

日本海側は雪 一気に積雪が増えた所も

きのう(8日)から冬型の気圧配置となり、寒気が流れ込んでいます。日本海側を中心に雪が降り、昨夜から今朝にかけて降り方の強まった所もありました。

12時間降雪量は群馬県みなかみ町藤原で47センチ(午前5時まで)、新潟県湯沢町で39センチ(午前5時まで)、福島県檜枝岐村で38センチ(午前5時まで)、北海道空知地方の夕張市で38センチ(午前8時まで)となりました。

9日午前11時の積雪は青森県酸ヶ湯で372センチ、群馬県みなかみ町藤原で221センチ、新潟県湯沢町で228センチとなっています。

あす10日にかけて積雪増

あす10日は西日本から冬型の気圧配置は緩んできますが、東日本、北日本には寒気が居座るでしょう。

北海道の日本海側から北陸は雪が降り、さらに積雪が増える所がありそうです。引き続き大雪に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい