九州 風冷たく「余寒」の一日 スギ花粉次第に増える 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 風冷たく「余寒」の一日 スギ花粉次第に増える

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう8日(月)、九州は一時的に冬型の気圧配置で、北風が冷たく感じられるでしょう。日差しは明るさを増していますが、寒さが戻りますので服装にお気をつけ下さい。今週の後半は気温が上昇し、スギ花粉の飛散が増えてきますので、花粉症の方は花粉対策をしておきましょう。

余寒 あすの朝は冷え込み強い

きょう8日(月)、九州付近は大陸から高気圧が張り出し一時的に冬型の気圧配置でしょう。晴れる所が多いですが、最高気温は九州北部では12度前後ときのうより5度前後低くなり寒さが戻ります。太陽の光には春の気配が感じられますが、きょうは北風が冷たい一日です。きょうのような「立春」以降の寒さを「余寒」といいます。また、海上は波が高くなる所が多いですので、船舶はご注意下さい。

あす9日(火)の朝は放射冷却現象で冷え込みが強まり、最低気温は内陸部や山沿いは氷点下になる所が多いでしょう。

週後半の春の暖かさで、スギ花粉増える

あさって10日(水)の朝まで冷え込みが強いですが、日中から次第に気温が上がるでしょう。週末にかけてさらに気温が上昇し、最高気温は20度近くまで上がる所がある見込みです。

今週の後半は一気に春の暖かさになるため、スギ花粉の飛散が増えてくる可能性があります。花粉の飛散が次第に本格化してきますので、花粉症の方は外出の際などしっかりと花粉対策を行いましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい