8日 寒気流入 気温大幅ダウン 日本海側は大雪注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

8日 寒気流入 気温大幅ダウン 日本海側は大雪注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう(8日)は冬型の気圧配置が強まり、寒気が流れ込みます。きのう(7日)は春の陽気になった所も、日中の気温は大幅ダウン。日本海側では大雪になる所もありそう。

日本海側は雪 大雪になる所も

きょう(8日)は冬型の気圧配置が強まり、上空には寒気が流れ込みます。上空1500メートル付近では、「ー9度以下」の寒気が山陰付近まで、平地で大雪の目安となる「ー12度以下」の寒気が北陸付近まで流れ込む予想です。等圧線の間隔は狭く、縦じま模様に。全国的に北または西よりの風が強まるでしょう。

山陰から北海道の日本海側は、雪が降りそうです。北陸や東北の山沿いを中心に積雪が増えて、大雪になる所もあるため、交通への影響に注意して下さい。近畿や東海、東北、北海道の太平洋側にも、雪雲の流れ込む所があるでしょう。

また午前6時までの6時間に長野県飯山市では26センチの降雪が観測されています。関東甲信の山沿いは、積雪が急に増えるおそれがあるため、なだれなどに注意して下さい。

昼間も寒さが続く

強い寒気と冷たい風の影響で、晴れても気温は上がりません。沖縄は3月並みの陽気が続きますが、きのう(7日)より寒くなる所がほとんどです。

最高気温は、九州から関東できのうより5度ほど低い所が多いでしょう。春の暖かさから一転、風が冷たく感じられそうです。近畿から関東は10度前後と、マフラーや手袋が必要な寒さに。北陸や東北、北海道は、きのうより大幅に低い所もあり、真冬に逆戻りしそうです。

あす(9日)にかけて寒さが続きます。体調を崩さないように暖かくしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい