気温急降下 東京も10℃くらいに 水曜日は気温上昇 その後も寒暖差大? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

気温急降下 東京も10℃くらいに 水曜日は気温上昇 その後も寒暖差大?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


8日(月)は、全国的に厳しい寒さになり、9日(火)にかけて、北陸では大雪の恐れがあります。ただ、季節の変わり目らしく、寒さは続くことはありません。気温の変化が大きいでしょう。

8日(月)~9日(火)  全国的に厳しい寒さ 北陸では大雪に警戒

8日(月)は、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置になるでしょう。上空に強い寒気を伴った気圧の谷が通過します。

全国的に、北または西風が強めに吹くでしょう。北海道や東北には、日本海から雪雲が流れ込みます。雪雲は、山沿いで発達しやすく、太平洋側にも流れ込むでしょう。北陸では、平地に発達した雪雲がかかる見込みです。ほぼ一日、発達した雪雲がかかり続け、積雪が一気に増えるでしょう。近畿や中国地方にも、日本海から雨雲や雪雲が流れ込みます。雪雲は、太平洋側の東海の一部にも流れ込むでしょう。また、日本海で北風と西風がぶつかる所で雲が発達し、この雲がかかる山陰では、雨や雪の降り方が強まる所がある見込みです。平地など雨で降りだした所も、夜には雪になるでしょう。9日(火)は、西から冬型の気圧配置は緩むでしょう。北日本付近は寒気の影響が続く見込みです。

中国地方や近畿の天気は回復し、晴れてくる所が多いでしょう。北陸から北海道では、日本海からの雪雲の流れ込みが続く見込みです。発達した雪雲がかかるのは、山沿いが中心ですが、新潟県付近では、平地に発達した雪雲がかかることがあるでしょう。長くかかり続けることはありませんが、雪が強まることがあります。8日から9日にかけて、北陸では、大雪の恐れがあります。大雪による交通への影響などに警戒が必要です。6日(土)、7日(日)は、東京都心や福岡で、15℃以上になるなど、季節先取りの気温が続いた所がありましたが、8日(月)は一転、最高気温は、平年並みか低くなる所が多い見込みです。晴れる関東や九州なども、風が冷たく感じられるでしょう。東京都心や福岡は10℃くらいの予想です。冬物のコートが必要です。9日(火)も、最高気温は、平年並みか低い所が多い予想です。

10日(水)~11日(木) 関東~九州は3月並みの気温に

10日(水)から11日(木)にかけても、北日本付近は寒気の影響が続くでしょう。

北海道や東北の日本海側を中心に雪が降る見込みです。北陸も雨が降り、山沿いを中心に雪になるでしょう。関東から九州は広く晴れる見込みです。

関東から九州では、最高気温は、3月上旬から中旬並みの所が多くなるでしょう。真冬の寒さから、一気にひと月先の気温になります。気温の大きな変化で、体調を崩さないようお気をつけ下さい。

12日(金)~14日(日) 季節先取りの気温続くのか?

12日(金)から14日(日)にかけて、日本付近を気圧の谷が通過するでしょう。ただ、寒気は北へ退く見込みです。

全国的に、雲が広がりやすいでしょう。雨が降る所があり、北海道では湿った雪になる可能性もあります。

本州付近に南西から暖かい空気が流れ込むことで、季節先取りの気温が続くでしょう。ただ、気温の予報には、幅があります。今のところの資料では、本州の南を低気圧が通る可能性があります。この場合は、暖かい空気の流れ込みは弱く、それほど気温は上がらないことが考えられます。最新の気象情報をご確認下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい