あす 日没後「きぼう」2度通過 太平洋側はチャンス 日本海側は風雪注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす 日没後「きぼう」2度通過 太平洋側はチャンス 日本海側は風雪注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E


あすは日本上空を日没後、「きぼう」(国際宇宙ステーション/ISS)が2度通過。太平洋側を中心に、広範囲で観察のチャンスがあります。一方、日本海側は雪や風に注意が必要です。

関東以西は春の陽気

沖縄や、九州~関東は、あす7日も広い範囲で晴れる見込みです。

近畿北部の山沿いなどで雨雲や雪雲が流れ込む所がありますが、平地で天気の崩れはほとんどなさそうです。



日中の気温は、きょうと同じくらいか高い所がほとんどで、関東などは桜の咲く頃の暖かさとなる予想です。

ただ、夕方頃から冷たい北風に変わり、夜はグッと冷え込みますので、寒暖差に注意が必要です。

北陸以北は雪や風に注意

前線の通過や、その後に冬型の気圧配置となる影響で、北陸や、東北・北海道の日本海側を中心に雪や雨が降る見込みです。

風が強まってふぶく所もあるほか、雷の鳴る所もあるため、風雪や着雪、落雷に注意して下さい。

日没後は「きぼう」が2度通過

あすは日没後、上空約400kmにある国際宇宙ステーション(ISS、日本実験棟「きぼう」を含む)が、日本上空を2度通過します。

1回目は17時42分頃~、2回目は19時19分頃~の予想で、2度の通過で全国の広い範囲が観測可能エリアとなり、通過時の天候次第でチャンスがありそうです。

スマートフォンでも撮影可能

条件次第では肉眼でも見ることができ、都心部でもスマートフォンで十分に撮影可能です。

通過予想時刻の3分くらい前から、出現が予想される方角の空を、なるべく視野を広くして探すことがコツです。

光の点が、飛行機よりも速いスピードで流れていくため、見逃さないように探してみて下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい