4日 風が強い 春一番の可能性も 北陸や東北は暴風雪に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

4日 風が強い 春一番の可能性も 北陸や東北は暴風雪に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう(4日)は全国的に風が強く、関東で春一番になる可能性があります。一方、低気圧や前線が通過する北陸や東北は、大雪や暴風雪に警戒を。

北陸や東北 暴風、猛吹雪に警戒

きょう(4日)は日本海にある低気圧が、発達しながら東北付近を通過するでしょう。北陸は昼過ぎにかけて、東北は夕方にかけて暴風雪に警戒して下さい。

秋田市では、午前3時までの6時間降雪量は23センチと、2月の観測史上1位となっています。すでに大雪となっている所に、このあと低気圧が通過する昼前から夕方にかけて、雪の降り方が強まり、積雪がさらに増えるでしょう。

また沿岸を中心に風が強く、ふぶく所もありそうです。北陸や東北の日本海側の海上では、最大瞬間風速35メートルの非常に強い風が予想されています。猛吹雪や吹きだまりによる交通への影響、建物や農業用施設への被害に警戒が必要です。

低気圧が通過した後は、冬型の気圧配置が強まるため、雪は降り続くでしょう。北海道の日本海側も断続的に雪が降り、ふぶく所がありそうです。

関東以西も強風に注意

けさ(4日)は九州北部や山陰などで雨や雪が降っています。昼頃にかけて、山陽や四国、近畿でもにわか雨やにわか雪があるでしょう。また午前中を中心に、西よりの風がやや強く吹きそうです。

東海や関東甲信は広く晴れるでしょう。関東は沿岸部で南よりの風がやや強く、東京で風速8メートル以上の風が吹き、きのうよりも気温が高くなれば、春一番の可能性もあります。東京の最高気温は13度と、きのうより1度ほど高い見込みです。

立春を過ぎて日本付近にやってくる低気圧、風や雪を強めるため警戒が必要です。また上空には寒気が流れ込むため、日差しがあっても春本番のような暖かさはありません。夜は再び冷え込みますので、暖かくしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい