北海道・東北の日本海側 25メートルを超える強風 暴風雪に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道・東北の日本海側 25メートルを超える強風 暴風雪に警戒

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


冬型の気圧配置が強まり、北海道や東北の日本海側では最大瞬間風速25メートルを超えた所も。雪を伴うため、猛吹雪に警戒が必要です。

最大瞬間風速25m/sを超える強風

きょう3日は強い冬型の気圧配置となっています。北海道や東北の日本海側を中心に風が強まっています。各地の最大瞬間風速は、北海道のえりも岬で27.6m/s、秋田県八峰町で27.2m/s、青森県八戸市で25.4m/sなどと、風に向かって歩けないほどの強い風が吹いています。さらに、日本海側では雪も断続的に降っているため、雪を伴い、ふぶいている所もあります。

大雪にも注意 北海道では猛吹雪に警戒を

また日本海側には雪雲も次々と流れ込んでいて、午前11時までの6時間に新潟県津南町では26センチなどと、降雪も強まっています。この後も夜にかけて雪が降り続くため、北海道や東北の日本海側、北陸では大雪に注意が必要です。特に北海道では、きょう夜のはじめ頃にかけて西の風が雪を伴って非常に強く吹く所がありそうです。猛吹雪やふきだまりによる交通障害、暴風に警戒してください。また、大雪による交通障害にも注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい