2月のスタートは広く雨や雪 荒天も 寒暖差大きく 真冬の寒さも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2月のスタートは広く雨や雪 荒天も 寒暖差大きく 真冬の寒さも

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


2月1日(月)と2日(火)は低気圧や前線が日本付近を通過し、広く雨や雪に。降り方の強まる所もあるでしょう。その後、冬型の気圧配置が強まり、日本海側を中心に荒れた天気になりそうです。

2月のスタートは雨や雪 荒天も

あす31日(日)は冬型の気圧配置は緩み、北海道の日本海側から北陸の雪も弱まるでしょう。太平洋側は広く晴れて、穏やかな天気になりそうです。

ただ、この先も天気は短い周期で変わります。

2月1日(月)から2日(火)にかけて前線を伴った低気圧が日本付近を通過するでしょう。低気圧や前線が通過した後、3日(水)にかけて冬型の気圧配置が強まりそうです。

北海道は広く雪が降るでしょう。東北と北陸ははじめ雨ですが、次第に雪に変わりそうです。風も強まり、荒れた天気になる恐れがあります。関東から九州は2日(火)にかけて雨が降り、一時的に雨脚の強まることもあるでしょう。3日(水)は天気が回復し、大体晴れますが、冷たい北風が吹きそうです。

4日(木)以降は冬型の気圧配置は緩むでしょう。ただ、北海道から北陸は低気圧や前線の影響で雪が降りやすい見込みです。関東から九州は大体晴れるでしょう。

寒暖差大

1日(月)と2日(火)は低気圧や前線に向かって暖気が流れ込み、最高気温は平年より高い所が多くなるでしょう。北海道でも1日(月)はプラスの気温に、関東から九州は15℃くらいまで上がる所もありそうです。ただ、3日(水)は一時的に寒気が流れ込み、寒さが戻ります。北海道は広く氷点下、東海から九州では10℃に届かない所が多くなるでしょう。真冬の寒さが戻ってきそうです。

4日(木)以降は関東から西では寒さが解消し、日差しが暖かく感じられるでしょう。この先も日によって気温の変化が大きくなります。服装で上手に調節して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい